【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

世代超えて県内外から240人集う

本紙掲載日:2016-05-09
6面
同窓生や恩師ら240人が集った第21回向洋会(ガーデンベルズ延岡)
「蒼空」公演をPRする卒業生の工藤貴史さんら
会場を盛り上げた延工ダンス部

延岡工業高同窓会第21回向洋会

◆俳優の工藤貴史さん「蒼空」公演PR

 延岡工業高校同窓会「第21回向洋会」は7日、延岡市川原崎町のガーデンベルズ延岡であり、前身の延岡向洋高卒業生や恩師ら約240人が県内外から出席して旧交を温めた。

 向洋会は、私立延岡工業学校、県立延岡工業学校、延岡恒富高校工業部、延岡向洋高校、延岡工業高校と変遷してきた各校の出身者で組織。2年ごとに同窓会を開いている。

 今回は「雲外蒼天進もう向洋会!」をテーマに、平成4、5年卒業生で構成する実行委員会(中島真吾実行委員長)が総会と懇親会の準備を進めてきた。

 全員で物故者に黙とうをささげ校歌を斉唱後、中島実行委員長が熊本地震の被災者に思いを寄せてあいさつ。運営費の一部を義援金に充てることを報告した。向洋会役員や前回実行委員の協力と指導で当日を迎えられたことに感謝し、「2年に一度の同窓会を思う存分楽しんでください」と呼び掛けた。

 役員を代表して向洋会の田丸眞副会長が実行委員をねぎらい、歴代校長や恩師に感謝。来賓代表の杉本隆晴副市長は市政の近況を報告し、「精いっぱい盛り上がっていただきたい」と会の成功を祈った。

 鏡開きと乾杯に続き開宴。出席者は同じ学年に分かれてテーブルに着き、食事を囲みながら、互いに近況を報告し合ったり思い出話に花を咲かせた。

 ステージでは、在校生の延工ダンス部や美郷町北郷の宇納間エイサーグループ「絆」が元気あふれるアトラクションを披露。賞品を用意した抽選会もあり、時間いっぱい盛り上がった。

 また、昭和55年卒の俳優兼ボーカリスト工藤貴史さん(東京)が同級生らと登壇。所属する「演激集団INDIGOPLANTS」が8月24日に延岡市野口記念館で公演する「蒼空〜空どこまでも蒼(あお)く」と、6月18日に同館で開くプレイベントを紹介し、「応援してくれる仲間たちのためにも会場をいっぱいにしたい」と熱く呼び掛けた。

その他の記事/過去の記事
page-top