【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

国道利用よりやや早い

本紙掲載日:2016-04-29
1面
日之影町深角の国道218号から神話アグリロードへの入り口。延岡側からだと飯干商店の坂を過ぎ、やや上った所

神話アグリロード深角−下野

◆景観よくドライブにどうぞ・日之影−高千穂

 広域農道西臼杵地区(愛称・神話アグリロード)が28日、全線開通した。日之影―高千穂を抜け、農畜産物の輸送効率化などが期待されている。開通初日、車で走ってみた。

 国道218号の日之影町深角に設置された「国見ケ丘13キロ高千穂神社9キロ」の道路標識が入る目印。延岡側から進み、この交差点を右折するとアグリロードに入る。

 道なりにかなりの坂道。上っていくと、すぐに最初の構造物「神の里トンネル」(延長1378メートル)。トンネル内に高低差があるため、出口が見えない。距離以上に長く感じた。

 岩戸・野方野に出て県道下野鹿狩戸線とぶつかる最初の交差点を過ぎ、岩戸川をまたぐ亀山城橋(同135メートル)を渡ると、主要地方道緒方高千穂線と交わる。交差点左手には「天岩戸直売所」がある。

 坂を上っていくと、天岩戸温泉に通じる小さな交差点、こいのぼりが泳ぐ宮野地橋(同82メートル)、高台から岩戸地区が一望できるスポットもある。

 下野へと抜ける岩戸坂トンネル(同838メートル)を通ると下野地区を東西に走る県道207号と交差する。ここを左折。まもなく国道325号の大きな交差点にたどり着く。

 ここまで約9・7キロ、法定速度で走って約12分だった。県道との交差点にいったん停止と、信号機があるが、平日で通行車両が少なかったためか、スムーズに走れた印象だ。

 従来の深角から三田井、上野へ向かう国道218号、国道325号を走ると深角−下野交差点まで約11・6キロ、約15分30秒かかった。時間帯や天候、観光の混雑期など条件にもよるが、アグリロードの方が、距離が短い分だけわずかながら時間も短かった。

 アップダウンがかなりあるが、何より景色がよく天気さえよければ、ドライブコースにはうってつけだ。

その他の記事/過去の記事
page-top