【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ウナギ−黒潮に乗り、八丈島に

本紙掲載日:2016-04-05
1面
調査結果を発表する塚本教授
放流した3匹の発信器が浮上した地点(丸印)。四角印は放流地点の日向市お倉ケ浜海岸(塚本教授提供)
発信器を取り付けて放流された親ウナギ(昨年12月)

塚本教授「回遊ルート全容解明」

◆美郷町の国際ラボ−日向から放流調査

 美郷町南郷の育成研究施設「国際うなぎラボ」(所長・塚本勝巳日本大学教授)などは4日、昨年12月に実施した親ウナギの回遊ルート調査で、発信器を取り付けた1匹が黒潮を利用して東京都の八丈島周辺まで達していたと発表した。大学や研究機関の調査で小笠原諸島沖からマリアナ諸島沖西方の産卵場、産卵場から日本沿岸までのルートは分かっており、塚本教授は「回遊ルートの全容が明らかになったと言っていい。完全養殖や資源保護にもつながる」と期待を寄せた。

 塚本教授らが宮崎市内で記者会見した。同教授によると、日本沿岸から産卵場へは、河口から黒潮の下をくぐり抜けて一直線に産卵場所を目指す経路や、黒潮に逆らって岸沿いを南下する経路など諸説あった。

 調査は昨年12月、延岡市のあゆやなで採捕した親ウナギ3匹に発信器を取り付け、日向市のお倉ケ浜海岸から放流。約3カ月後に発信器が切り離され、通信衛星を介して回遊データや水深、水温、明るさなどが送信される予定だった。

 このうち1匹は、14日間で約600キロ移動し、八丈島の西約100キロの沖合まで達した。豊後水道を出てた後、黒潮に乗って北上する塚本教授の仮説通りのルートを進行。同教授が行った別の調査で小笠原諸島沖から産卵場までのルートは分かっており、「未解明だったものが明らかになり、ミッシングリンクが解消したようなものだ」と成果を語る。

 また、夜間は水深200メートル(経験水温18度)、昼間は同800メートル(同6度)の浅深移動を毎日繰り返す「日周鉛直移動」をしていることが確認された。現在の完全養殖の研究ではホルモンを投与して成熟を促しているが、自然界に近い環境をつくり出すことで卵質の向上が期待され、資源回復にもつながるという。

 ほかの2匹の発信器は18日後に土佐湾沖、16日後に日向灘海岸で浮上し、サメなどの大型魚に襲われたとみられる。

 塚本教授は「黒潮を利用して回遊していることはほぼ確実。今後は発信器の小型化やウナギへの取り付け方を工夫し、より長距離の追跡調査を行いたい」と意気込んだ。

その他の記事/過去の記事
page-top