【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

“完勝”で一つ目の雪辱−聖心

本紙掲載日:2016-04-04
9面
【準々決勝・聖心―都城】聖心は8回、柳田が5点目の生還を果たす

第138回九州地区高校野球大会県予選・球音

◆球際の粘り、連打光る

 聖心は最大の目標に掲げていた準決勝・富島へのリベンジ権を力強く手に入れた。小田原斉監督は「出来過ぎ。だが、守りも少しずつ粘り強くなり、攻撃でも形を作って積極的に打ち、効率よく得点できた」と内容に合格点を与えた。

 ほぼ〃完勝〃だった。前戦で好救援の右横手はこの日も安打は許しながら、丁寧な投球。しかし四回に挟殺プレーで走者と激突し、降板となる。だが、救援した主戦の柳田も好投。二塁手の渡辺翼早や外野陣がここぞという場面で球際に強く、失点を許さない。

 打線は二回に、相良のスクイズで先制。以降も7安打だったが、すべて連打。四回に2点右適時打の高田は「投手が踏ん張っていたから、思い切りいった」。八回にだめ押しの右中間二塁打を放った柳田は「得意な(タイプの)投手だったから、初球から思い切り打った」。好機での積極性が光った。

 新人大会で敗れた都城に雪辱し、次は秋の大会コールドで敗れた富島との対戦。3投手を好リードした高田は「みんな気持ちが入っていて、甘い球が少なかった。次も逃げ腰にならず、思い切り攻めていきたい」。

 柳田は「秋はミスが絡んでの失点が多かったが、冬を越えてみんな気持ちが強くなり、守りからリズムが作れている。次も変な意識はせず、このままの雰囲気で戦えれば」。いい勝ち方が続き、自信を深めている。

その他の記事/過去の記事
page-top