【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

意欲ある繁殖農家支援

本紙掲載日:2016-03-17
2面
白坂組合長から奨励金を受け取る古嶋さん(右から2人目)と山澄さん

和牛増頭奨励金の交付式−JA延岡

 JA延岡の平成28年度和牛増頭奨励金交付式が15日、延岡市川原崎町の本店会議室であり、管内の繁殖農家16人(増頭数36頭)に計108万円を交付した。意欲ある繁殖農家を支援しようと同12年度から継続している。奨励金は1頭に付き3万円で、通算で延べ647人(同1333頭)に3999万円を交付した。

 式には繁殖農家を代表して古嶋幸雄さん(68)=同市石田町=と、荒谷天滝ファームの山澄正稔さん(58)=同市北方町曽木=が出席。白坂幸則組合長が一人ずつに交付金を手渡した後、「母牛5000頭を維持し、年間の市場出荷4000頭を堅持しないと購買者は離れていく。今はその瀬戸際にあり、皆さんには増頭いただき感謝している。今後も各種助成制度を活用いただき、さらに増頭に励んでほしい」と励ました。

 古嶋さんは、今回5頭を増頭した。「26年度宮崎の畜産新生モデル畜舎整備事業」で新たに畜舎を建設以来、積極的に増頭に取り組み、母牛は37頭となった。50頭が当面の目標で、「増頭はもちろん、労力軽減のためにロールカッターなどの設備を導入したい」と意欲的に話した。

 新規就農の山澄さんは、11頭を増頭した。昨年4月に4人で同ファームを立ち上げ、今年9月には初めて競り市に出品予定。現在は母牛が13頭おり、目標は20頭。「今は敷きわらの確保に苦労しており、ぜひ協力をお願いしたい。将来は放牧での育成を考えたい」と張り切っている。

 JA延岡によると、1月末現在の管内の繁殖農家は248戸で、母牛頭数は1805頭。前年同期比で15戸、38頭の減となっている。

その他の記事/過去の記事
page-top