【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

のべおか未来の会−延岡公演の記録誌を発行

本紙掲載日:2016-03-12
2面
左から岡野徹さん、藤本栄之助さん、梶井恵子さん、河野裕子さん
のべおか未来の会が発行した「イ・マエストリ延岡公演」の記録

60人の韓国男声合唱団イ・マエストリ

 3年前の平成25年6月、韓国の60人編成の男声合唱団「イ・マエストリ」の延岡公演を実現した延岡市の女性グループ、のべおか未来の会(井上清美会長、11人)は、公演の記録誌を発行した。

 延岡公演のきっかけは、元旭化成の藤本栄之助さんの案内で李仁栄ソウル大学名誉教授(同合唱団創設者)が延岡市を訪れた際、延岡総合文化センターで上演されたオペラ「こうもり」を見て感激し、合唱団の延岡公演を発案した。

 のべおか未来の会が、ひむかオペラ賛助会(岡野徹会長)の運営に協力していたことから藤本さんを通じて話が持ち込まれ、主催者として開催することにした。

 演までにはさまざまな出来事があったが、最終的に韓国の元大統領夫人も訪れ、会場は超満員で埋まり、日韓友好や市民との文化交流につながり、大成功した。

 記録誌には、11人のメンバーの奮闘ぶりが回顧録として掲載されている。

 岡野さんも一文を寄せ「男の集団にこの話がきたらまずやろうとしないし、できなかったでしょう。ところが『のべおか未来の会』の人たちは万事にたくましく、何でも来いという気分があふれていた」と書いている。

◆「大成功だった」と韓国の李名誉教授

 一方、ソウル大の李名誉教授はこれとは別に日本語で「日本に遊ぶ、日本に学ぶ―日本音楽漫遊記」と題する長文を書き上げて関係者に寄せた。

 その中で「…延岡市との交流は大きく発展し、文化都市である延岡十万人の市民がこぞって歓迎して行われた韓国男声合唱団、イ・マエストリの音楽会は大成功であった。招待された七十名の韓国人と延岡市民の親善交流は、それは人間同士の熱い心と心の結び合いであった」と記している。

◆まるで小説のような話

 日韓経済協会の元専務理事の西村和義さんは岡野さんを通じて「地方の一都市延岡で大規模な公演が企画され、見事に大成功したことに感動しました。のべおか未来の会の皆さんの熱意と努力により不可能を可能にして、立派な成功へと実現されたことは、まるで小説のような話で驚かされます」という文を寄せた。

その他の記事/過去の記事
page-top