【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

日向市長選−13日告示、20日投開票

本紙掲載日:2016-03-09
1面

現職、新人の一騎打ちの公算

 任期満了に伴う日向市長選は13日に告示される。これまでに現職で4選を目指す黒木健二氏(73)と新人で元県議の十屋幸平氏=いずれも無所属=が立候補を表明。市政の継続か刷新かを問う一騎打ちとなる公算が大きい。投開票は20日。

 黒木氏は昨年3月の市議会定例会で立候補を表明した。企業誘致など3期12年の実績を強調し「発展の礎を築いてきたが、さらに伸びていく日向をつくるためやらなければならない課題がある」と市政の継続を訴える。

 十屋氏は同7月に正式に出馬を表明。南海トラフ巨大地震対策や東郷病院の医師確保、高齢者福祉の充実など挙げ「人の命をしっかり守ることに取り組み、日向を元気にしたい」と市政刷新を訴える。

 立候補の届け出は13日午前8時30分から市役所委員会室で受け付ける(同9時30分以降は選管事務局)。午後5時まで。

 期日前投票は、市役所第2別館会議室(14〜19日)と東郷体育館第1研修室(16〜19日)の2カ所。投票は市内51カ所で20日午前7時から午後7時(田口八ツ山集会所は同6時まで)。開票は午後8時15分から市体育センターで行う。

▽▽

 日向市長選は平成24年3月の前回、投票率43・54%で過去最低を記録した。それまでは同20年の55・08%が最低だったが、この数字をさらに11・54ポイントも下回った。

 前回選挙は現職と新人の一騎打ちとなったが、告示日が迫っても現職以外の立候補者が現れず、無投票と考えた市民が多く関心も薄かったという。

 これまでに無投票だったのは、三尾良次郎氏が当選した昭和30年のみ。それ以外は毎回のように激戦が続き、昭和56年に初当選した宮本増雄氏の2選目の同60年は、5人がひしめく乱立選挙となった。

 昭和26年の市制施行以降で、3選は同40年から3期連続当選した児玉袈裟雄氏、平成16年から現職の黒木健二氏の2人だけ。同8年から16年までの選挙はいずれも市を二分する保守分裂の激戦を繰り広げ、1期ごとに市長が交代している。

 投票率が過去最低を更新し続けている日向市長選。市選挙管理委員会は「日向の将来を任せる人を選ぶ大事な選挙。一人一人が候補者の公約などをよく聞き、よく考えて投票しましょう」と呼び掛けている。

その他の記事/過去の記事
page-top