【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

映画「しゃぼん玉」−椎葉村が舞台

本紙掲載日:2016-03-08
3面
真剣な表情でオーディションを行う東伸児監督(右)

今月から撮影開始−11月公開

 椎葉村など県北を舞台に直木賞作家・乃南アサさんの作品「しゃぼん玉」の映画撮影が今月から本格化する。企画はエスプリ(豊山有紀代表取締役、東京都)、監督は東伸児さん。製作陣は今月中旬から県北で撮影に入り、編集作業などを経て6月に完成。11月に劇場公開予定。

 しゃぼん玉は、強盗などを繰り返してきた青年が偶然行き着いた宮崎の山深い村で1人の老婆と出会う。老婆の家で寝泊まりする中で、両親の愛情を受けてこなかった青年は家庭の温かさに触れる。

 また、青年を老婆の孫だと勘違いした村人たちも青年の世話を焼き、祭りの準備を手伝わせる。そんな村人との交流や老婆の愛情が少しずつ青年を変えていく……というあらすじ。

 2月23日には、延岡市東本小路の市中小企業振興センターで村民役の出演者を決めるオーディションが行われた。県北を中心とした希望者20人が参加。東伸児監督ら製作陣に自己紹介し、台本読みなどを行った。

 参加者をリラックスさせながらも真剣な表情でオーディションをしていた東監督は「演技する人には精神の強さ、ずぶとさも必要。個性豊かな人が多かった」と話した。県北部広域行政事務組合(代表理事・首藤正治延岡市長)から計2千万円の助成を受けており、専用のホームページを開設したり、SNSなども活用して県北の魅力、情報などを発信するという。

その他の記事/過去の記事
page-top