【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

丸々太った新玉ネギ−延岡

本紙掲載日:2016-03-07
6面
収穫した新玉ネギを手にする南方小3年生

南方小3年生が収穫

 延岡市南方小学校(隈江信蝋残后砲裡廓生114人は4日、同校近くの畑で延岡特産の「空飛ぶ新玉ネギ」の収穫作業を体験した。

 食育活動の一環として、南方中学校の昭和35年卒業生でつくる「第2金曜会」(佐藤貴代表、11人)が、平成12年から後輩に当たる同校児童を対象に、苗植えから収穫までの農業体験学習を継続している。

 畑は、同会メンバーでJA延岡理事を務める甲斐俊行さん(71)=野田町=所有。子どもたちは昨年10月中旬、約2アール分に超極わせ品種「トップゴールド」の苗約2千本の植え付けを体験。クラスごとに水やりや除草、観察などを続け、待望の収穫の日を迎えた。

 最初に佐藤代表(71)が「新玉ネギを一生懸命に育てている延岡の農家の皆さんに感謝の気持ちを持ち、新玉ネギのように立派な南方小の児童に成長してほしい」。辻昭裕教頭は「お世話いただいた第2金曜会の皆さんへの感謝の気持ちをしっかりと持って活動してください」と呼び掛けた。

 収穫法の説明を受けた児童たちは畑に入り、青い茎を両手で力いっぱい引っ張っては、丸々と太った新玉ネギを次々と掘り出した。大きいもので直径15センチ前後に成長しており、「うぁー、でっけー」などの歓声が上がっていた。

 収穫した新玉ネギは3個ずつ自宅に持ち帰り、残りは同校にプレゼントされた。同校では11日、同会メンバーを招待し、新玉ネギのサラダをメニューに加えた給食を一緒に食べる予定。

 1組の遠田綋右(けいすけ)君は「引っ張るのに意外と力が必要で疲れた。小さな苗から大きく育って驚いた。持ち帰ったら新玉ネギスープにして食べたい」、2組の上杉夏月さんは「収穫はとても難しいと思ったけど、とても楽しかった。サラダにして食べるのがおいしいです」と笑顔で感想を話した。

その他の記事/過去の記事
page-top