【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ご神木、穂から苗を育成−高千穂神社

本紙掲載日:2016-03-02
1面
ご神木のスギから穂を採取して育てられた苗木を手にする後藤宮司

神楽奉納境内に植樹−後藤宮司「大切に育てたい」

 樹齢800年以上といわれるご神木のスギから枝先の穂を採取して育てられた苗木30本が1日、高千穂町の高千穂神社(後藤俊彦宮司)に〃里帰り〃し、このうちの1本が神社の敷地内に植栽された。後藤宮司は「多くの方々の技術と情熱のおかげ。ご神木の後継木として大切に育てたい」と喜んでいる。

 苗木の育成は、後藤宮司が「老齢化したご神木の後継木を育てられないか」と、知人で熊本県山都町の指導林家の栗屋克範さん(63)らに相談したのがきっかけ。一昨年5月、高さ40メートル、幹回り7メートルほどのご神木から若い枝先の穂を採取する作業が行われ、その後、美郷町西郷の県林業技術センター(那須幸義所長)や熊本県合志市の国立研究開発法人森林総合研究所林木育種センター九州育種場(北本浩場長)、栗屋さんが接ぎ木、挿し木で育ててきた。

 この日は、同神社拝殿で苗木の奉納祭があり、関係者が鉢に植えた苗木を神前にささげ、三田井地区神楽保存会が神楽番付の一つ「杉登(すぎのぼり)」を奉納。那須所長が後藤宮司に目録を手渡した後、神社駐車場の脇に苗木1本が植栽された。

 残りの苗木については、ご神木の子孫を残していくため、今後も栗屋さんが育てていくという。後藤宮司は「高千穂神社のご神木の遺伝子があちらこちらで育つことを願いたい」。栗屋さんは「無事にご神木の苗木を納めることができて良かった。残りの苗木も大切に育てていきたい」と話していた。

 同センターによると、同神社のご神木は「メアサ」と呼ばれるスギの品種の一つであることが、採取した穂のDNA分析で判明。九州各地の神社などに巨樹、古木として残っていることから、もともとは1本の親木から長い年月をかけて広まったものと考えられるという。

その他の記事/過去の記事
page-top