【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

合併から10年飛躍誓う

本紙掲載日:2016-02-20
1面
延岡市のさらなる飛躍を誓った10周年記念式典(野口記念館)

延岡市、2月20日記念式典

◆首藤市長−魅力活用、活力ある市へ

 延岡市合併10周年記念式典が20日、野口記念館で開かれ、来賓や市、市議会、地域団体の代表ら関係者が出席して節目を祝った。現在の延岡市は平成18年2月20日に北方町と北浦町、翌年3月31日に北川町と合併し、新たに船出した。出席者は10年の月日を振り返り祝うとともに、さらなる一体感の醸成と今後の飛躍、発展を誓った。〃天下一賞〃の行方も注目−

 オープニングは、合併した旧1市3町を代表し、合併年度に生まれた延岡小学校、北方学園小学校、北浦小学校、三川内小学校、北川小学校の4年生児童約100人が、壇上で延岡市歌を4番まで熱唱。会場の出席者の歌声も一緒になり、一体感を醸し出した。

 式典で首藤正治市長は、都市力充実の基盤整備を中心とする10年間の施策や、高速道路開通に伴う大きな時代の変化に触れ、「合併により大きく膨らんだ地域資源やその魅力を最大限に活用しながら、活力あるにぎわいにあふれたまちづくりに取り組みたい」と意欲。

 来賓の河野俊嗣知事は、高速道路開通など交通インフラ整備や相次ぐ情報発信イベント開催、各界の延岡出身者の活躍を挙げ、「1市3町合併と交通インフラの整備で視界が開け、発展に向け延岡が手と足を広げたタイミング。今後の発展、飛躍を期待する」と祝った。

 続いては感謝状の贈呈式。3月で役割を終える北方、北浦、北川町の各地域協議会の委員、元委員ら計120人の名前が読み上げられ、代表して盡正生さん(北方町地域協議会)、大野光裕さん(北浦町地域協議会)、小谷謹一さん(北川町地域協議会)が受けた。

 記念映像の上映の後、小学4年生を対象に募った「未来へ託すメッセージ」の表彰式があり、790作品の中から最優秀賞に選ばれた島津晃司郎君(北浦小)、優秀賞の十亀駿乃丞君(恒富小)、新田雪乃さん(尚学館小)、池田梨乃さん(岡富小)、井戸友美子さん(一ケ岡小)に表彰状と記念品を授与。

 島津君は「延岡の未来に残したいこと」と題した最優秀作品を披露。まつりや伝統文化、自然を生かした産業を残したいとした上で、「世界で活躍するスポーツ選手や有名な芸能人、おいしい料理を作るシェフなどが生まれるまちになってほしい。ぼくもその一人になれるようがんばります」と力強く読み上げた。

 式典の終了後は記念講演があり、西郷隆盛公奉賛会理事でひ孫の西郷隆夫氏が、「薩摩の原動力となった郷中教育と西郷隆盛秘話」と題し講演した。(感謝状の受賞者は後日掲載します)。

その他の記事/過去の記事
page-top