【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

中学生のレベルアップに(下)

本紙掲載日:2016-02-19
3面
真野勝文さん
選手のゼッケン、ゴールテープには陸上選手の憧れ「旭化成」のブランドロゴが入る(昨年の大会から)

2016天下一!のべおか中学駅伝競走大会

◆強い選手が育ってほしい−大会、記録会を後方支援
 真野勝文・旭化成陸上部長

 「この大会をきっかけに全国で活躍する強い選手が育ち、いずれは旭化成陸上部に入るような選手が出てきてくれれば。そしてなにより、走ることをより好きになってほしい」

 そう話すのは、大会を特別協賛する旭化成の延岡総務部長・陸上部部長の真野勝文さん(59)。自身も元陸上部選手。市陸上競技協会主催の記録会「スプリング・チャレンジ」や今大会を強力に後方支援した。

 真野さんは昭和53年4月、京都大から旭化成に入社。大学時代まで陸上110メートル障害の選手として活躍し、翌年宮崎国体を控えていたこともあり、当時の陸上部の部長・岡野徹さん(元延岡支社長)から誘われて陸上部に入った。3年間、陸上部で活躍した後は社業に専念。守山総務部長などを経て平成23年3月から現職。延岡総務部長となってからは前延岡支社長の松居龍さん(現顧問)、現支社長の山添勝彦さん、東京本社の理解、協力の下、スポーツを通した地域貢献活動に力を尽くしている。文化面は「旭化成ひむか文化財団」で地域の文化振興に力を入れていたが松居前支社長と「スポーツも、もっと地域に貢献しよう」という話になったという。

 延岡市教育委員会と相談し、一つ目の延岡スプリング・チャレンジ大会が平成25年3月から始まった。地元の小中学生が5月の「ゴールデンゲームズinのべおか」の標準記録突破を目指す大会として旭化成が特別後援する。

 「一つはトラック。もう一つはロード」として、白羽の矢が立ったのがこの大会。昨年のリニューアルに合わせて特別協賛に加わり、同じ県内で女子陸上部を持つ宮崎銀行とともに強力にバックアップ。

 「城山を周回するコースで、市民も注目し、気楽に応援に来てもらえる。ここで延岡の学校が優勝や上位に入り、県北の高校が駅伝で小林高に対抗できるようになれば、県全体のレベルも上がる」と大きな期待を持っている。

 一昨年からは「延岡で開催されるマラソンなのに、メーンスポンサーじゃないのはおかしい」と、延岡西日本マラソンの特別協賛に入った。14日の松尾良一選手の優勝には、社員も市民ももろ手を挙げて喜んだ。

 天下一駅伝については「延岡の一つの名物イベントとして定着するよう、旭化成としても今後もずっと支援を続けていってもらえると思う」。

 選手たちには「実力差はあってもそれぞれがベストを尽くし、見ている人が感動するようなレースをしてほしい」とエールを送った。

その他の記事/過去の記事
page-top