【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

松尾選手が初優勝−吉村選手2位

本紙掲載日:2016-02-15
1面
旭化成勢8年ぶりにトップでゴールする松尾選手

第54回延岡西日本マラソン−旭化成勢がワンツー

 第54回延岡西日本マラソンは14日、延岡市役所前を発着点とする42・195キロで行われ、大会を特別協賛する旭化成の松尾良一選手が2時間15分9秒で初優勝。吉村大輝選手も終盤に逆転し2位で、旭化成勢8年ぶりの優勝をワンツーフィニッシュで飾った。(3、9面に関連記事)

 大会は延岡市、UMKテレビ宮崎などの主催。男子は招待23人を含む493人、女子41人の計534人が出走した。レース直前の正午時点で気温17・6度、西の風6・6メートル。日差しが強く、時折突風も吹く難しいコンディションで行われた。

 松尾選手は終始、落ち着いたレース運び。向かい風となった後半に勝負を懸け、36キロ手前で佐藤歩選手(MHPS長崎)を引き離して、大勢の市民が待つゴールに飛び込んだ。

 吉村選手は持ち前の粘りの走り。終盤に苦しみながら、3位に上がると、最後の直線まで争った佐藤選手を振り切った。

 旭化成勢が終盤に勝負強く逆転する姿に、沿道は大興奮。マラソンプラザも大いに盛り上がった。昨年から始まった女子の部は外間美里選手(スターツ)が2時間54分57秒で制した。

◆松尾選手

 「優勝しか考えておらず、有言実行できて良かった。後半は自滅しないようにとだけ考えていた。これを自信に世界を目指して、もう一つ上のレベルのマラソンに挑みたい」


◆吉村選手

 「ペースが思ったより早く、向かい風もきつく苦しかった。優勝が目標で2位は悔しいが、最低限の走りはできた。今後も一本ずつのレースを大事にしていきたい」

その他の記事/過去の記事
page-top