【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

染矢さん、九州の審判長に

本紙掲載日:2016-02-12
9面
全日本軟式野球連盟九州連合会審判部長に就いた染矢儀傅氏

軟式野球−宮崎から初選出

 延岡軟式野球連盟の審判長、染矢儀傅さん(68)=延岡市大貫町=が今季から、全日本軟式野球連盟九州連合会の審判部長に就任した。宮崎からの選出は初めて。染矢さんは「古希を前に最後のご奉公。延岡の審判員、野球界の励みになれば」と話している。

◆全国でも活躍

 染矢さんは延岡西高野球部のOB。33歳の時に延岡軟連の審判員に登録。真摯(しんし)な人柄が、全軟連副会長も務めた森川愛介さん(現延岡野球協会名誉顧問)に認められ、全国に知られる審判員として活躍してきた。

 現在は延岡と県軟連の審判長に加え、平成19年からは全軟連の審判技術委員。同25年からは野球の統一組織「全日本野球協会」で高校、大学、社会人、軟連とプロを除いたアマチュア規則委員会の公認インストラクターも務める。

 審判技術委員は全国9ブロックに1人ずつしかいない軟連の審判委員の最高位で、公認インストラクターも全国で38人のみ。九州では唯一の存在で、今も講習会などで全国を飛び回る。

 昨年は全日本学童大会(神宮球場)、NPB12球団ジュニアトーナメントで大会(宮崎)の審判長を務め、ジュニアトーナメントでは決勝の球審も務めた。

◆「審判員は野球のリードオフマン」

 九州の審判長には昨年12月6日の九州連合会役員会で就任。約1800人のトップで、審判登録者の多い福岡県から選ばれるのが通例だったが、宮崎から初めての選出となった。

 延岡軟連の田中和広理事長は「延岡の野球界にとって名誉であり、誇り。今後の活躍をお祈りしたい」と話している。

 今月17〜19日は全軟連の総会と技術委員会(京都)。26〜29日は、甲斐研一延岡審判協会常務理事も受講する研修員講習会(埼玉)。3月19〜21日は矢津田正順同常務理事が参加する九州ブロックの指導員講習会に講師として参加するなど、これからも忙しい日が続く。

 10日、延岡市であった審判協会総会の席上、染矢さんは「審判員は野球のリードオフマン。審判技術を上げることはチーム力アップにつながる。国際大会など若い人のチャンスがたくさん出てきており、皆さんと切磋琢磨(せっさたくま)しながら、お互いに技術を伸ばしていければ」と語った。

その他の記事/過去の記事
page-top