【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

伊形小に4年連続学校賞−延岡

本紙掲載日:2016-02-05
7面
学校を代表して賞状や目録を受け取る中山さん(右)と平山君。表彰式にはNTTドコモのマスコットキャラ「ドコモダケ」も出席(伊形小)

NTTドコモ未来ミュージアム

◆応募252点は県内最多

 NTTドコモが主催する日本最大級の創作絵画コンクール「ドコモ未来ミュージアム」の受賞作品・団体がこのほど発表され、延岡市伊形小学校(森山欣一校長、329人)が4年連続で学校賞に選ばれた。

 未来をつくる子どもの夢を応援する企画として平成14年から毎年開催。全国の3歳〜中学生を対象に「僕たち私たちの未来のくらし」のテーマで公募した。

 「絵画」と「デジタル」の2部門あり、14回目の今回は計12万8138点が寄せられた。県内からは1269点の応募があり、このうち伊形小児童の作品は252点。県内から参加した39学校・団体の中で最多だったため、各都道府県から1校を選出する「学校賞」を受けた。

 表彰式は3日、同校の朝の全校集会の中で行われ、ドコモCS九州宮崎支店の渡辺芳正支店長が「皆さんの作品数は県の約2割を占めた。来年度以降もいっぱい夢を描いて応募してほしい」と呼び掛け。4年生の平山煌晟君と中山藍佳さんに賞状と目録を手渡した。

 「患者の痛みが無くなる車椅子」を描いた平山君は「学校賞に選ばれうれしい」と笑顔。「ウサギと人間が一緒に暮らす世界」を描いた中山さんは「5年生になっても積極的に作品を出したい」と話した。

 同校は、図工の授業を利用するなどして学校全体でこのコンクールに取り組んだ。森山校長は「夢や目標を持つ大切さをいつも子どもたちに伝えています。このコンクールはそれを具現化するとてもいい機会。今後も継続していきたい」と話した。

 なお、絵画の未就学児の部に応募した西臼杵郡の甲斐奏太さん(6)の作品「行け!!ピカピカ新幹線☆」は県北で唯一、入選した。

その他の記事/過去の記事
page-top