【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

定住促進、企業・観光誘致−日向市予算28年度主な事業

本紙掲載日:2016-01-23
3面

新庁舎16億円、防災施設2億円

 日向市は22日、平成28年度の当初予算案を発表した。一般会計の総額は291億7千万円で27年度当初比0・9%の増(2億7千万円)。任期満了に伴う市長選を3月に控え、政策的経費や新規事業を補正予算で計上する骨格予算の編成ながら、市役所新庁舎の建設事業が入ったことなどにより、予算総額は最大規模となっている。

 28年度は、市の総合計画後期基本計画の最終年に当たり、予算編成で市は重点的に取り組む分野として仝柩儉安全・安心人材育成を掲げ、地方創生に係る「元気な〃日向市〃未来創造戦略」を取り入れながら、各施策を推進するとしている。

 主な事業を紹介する。かっこ内の「新」は新規事業、「拡」は拡充事業、「継」は継続事業。事業費は千円以下切り捨て。

【若者定住〃雇用創出〃プロジェクト】
▽「人・地域・未来へつなぐ」高速道路開通PR事業=400万円(継・高速道路開通記念イベントへの補助、高速道路PRグッズ等の作成)▽定住促進事業=149万円(継・「お試し滞在」施設の管理運用、都市部で開催する移住相談会等への参加)▽ひまわり基金事業=300万円(継・市民活動団体が取り組むまちづくり事業等への助成、将来のまちづくりを担う人材の育成)▽就業支援に要する経費=396万円(継・高校生就職準備セミナーの開催、地域情報ナレッジサイト「るーくる」の運営)▽へべす振興対策事業=700万円(継・県内外販売促進PR活動、6次産業化の推進、へべすビジョンの推進、販売促進活動、大学等教育機関・他のブランド等との連携)▽薬草の里づくり事業=500万円(継・薬草講演会の開催、薬草の研究・指導・栽培管理等の委託)▽企業誘致推進事業=2105万円(継・新規企業訪問活動、立地企業フォローアップ活動、企業立地及び雇用促進への助成)▽観光客誘致推進事業=1212万円(継・旅行エージェント等への招へい、福岡市地下鉄等観光PR広告、旅行雑誌・新聞等広告、観光物産交流拠点施設の連携強化)▽スポーツキャンプ活性化事業=486万円(継・プロをはじめ社会人・大学等のスポーツキャンプ受け入れ、スポーツランド推進協議会補助金・キャンプ誘致の取り組み強化)

【防災力・福祉力向上〃安全・安心〃プロジェクト】
▽新庁舎建設事業=16億5965万円(継・建設工事第1期・工事監理業務・樹木移植業務等)▽地震・津波防災施設整備事業=2億1500万円(継・施設設計、施設整備など、津波避難タワー建設・日知屋地区・財光寺地区各1基、津波避難山設計・財光寺地区1基)▽防災情報収集・伝達事業=1927万円(拡・同報系防災行政無線・水防対策支援システム等の運用、ボイスパケットトランシーバーの整備・運用・移動系防災行政無線からの移行を予定)▽日向市木造住宅耐震化促進事業=519万円(継・耐震診断、耐震補強設計および耐震改修費用の一部補助、耐震診断アドバイザーの派遣)▽意思疎通支援事業=425万円(拡・手話通訳の派遣・手話奉仕員の養成、手話の普及・啓発に向けた出前講座などの開催)▽放課後児童クラブに要する経費=4148万円(拡・市内における児童クラブの開設、平成28年度開設数6カ所→9カ所・3カ所増)▽子ども医療費助成事業=2億1626万円(拡・入院・通院15歳の誕生日以降の最初の3月31日まで、自己負担各受診医療機関において1診療ごとに月350円、平成25年10月診療分から対象者を「小学校卒業まで」平成28年1月診療分から対象者を「中学校卒業まで」に拡充)▽特定不妊治療費助成事業=300万円(継・助成金額上限5万円)▽日向市医療機関(産科・小児科)新規開業促進事業=5000万円(継・新規開業・診療科開設に対する助成、雇用促進奨励金の支給)▽包括的支援事業・任意事業(介護保険事業特別会計)=1億2400万円(拡・地域包括支援センターの機能強化・介護予防担当の配置・認知症施策対応に係る拡充措置、認知症施策の推進・認知症初期集中支援チームの運用)

【みんなで育む〃ひゅうがっ子〃プロジェクト】
▽日向中学校増改築事業=4億1300万円(継・特別教室棟・体育館棟の建設、部室移転・外構工事)▽キャリア教育推進事業=1090万円(拡・キャリア教育実施についての市内産業界への協力依頼、一貫したキャリア教育を実施するための指導・助言・援助、「よのなか花まる先生」による学習支援・増員▽通学支援事業=1573万円(拡・スクールバス・スクールタクシーの運行、遠距離通学補助金の交付)▽障がいのある児童生徒の教育の充実に要する経費=2978万円(拡・チャレンジ教室「ひなた」の設置、特別支援教育支援員・相談員の配置)▽中学校教師用指導書購入事業=1620万円(新・教師用教科書、指導書等の購入)▽国体九州ブロック大会推進事業(ソフトボール)=199万円(新・必要備品の購入・器具の賃貸借・交通警備費用等)

【その他】
▽ふるさと日向市応援寄付金事業=3億円(拡・寄付見込み額5億5000万円)▽地域生活交通対策事業=4809万円(拡・路線バス事業者への補助、市民バスの運行・平成28年から廃路線に伴う運行1台増・南部地区〜市街地路線)▽総合計画策定事業=329万円(拡・日向市総合計画審議会等の開催、総合計画の策定)▽重要港湾整備事業=2億8563万円(継・国直轄事業南沖防波堤ケーソン据え付け、県事業北沖防波堤ケーソン据え付け、臨港道路・岸壁補修、護岸かさ上げ)▽日向市空家等対策促進事業=810万円(新・データベースの作成、所有者等意識調査、仮称空家等対策計画の策定)▽財光寺南土地区画整理事業=8億5000万円(継・建物調査40棟、家屋・工作物移転補償28戸37棟、宅地造成、道路舗装、排水工)▽駅周辺土地区画整理事業=4億円(継・建物調査3棟、建物移転補償6戸11棟、排水工、道路舗装)

その他の記事/過去の記事
page-top