【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「蒼天のむこうへ」公演

本紙掲載日:2016-01-18
7面
黒木民雄さんが持参した兄國雄さん形見の軍刀を見る出演者たち。終戦後、父肇さんが鍛冶屋に折らせた
底冷えのする社務所で熱心な稽古が続いた

延岡で約5時間の立ち稽古−〃折れた軍刀〃息子への思い刻む

◆演劇で戦争を語り継ぐ若者たち−悲しみの痕跡目の当たりに

 若い世代が演劇を通して戦争の悲惨さを語り継ぎ、平和の尊さを伝えようと2月の延岡公演に向けて熱心に稽古を続けている。17日は延岡市天神小路の亀井神社社務所で約5時間にわたり立ち稽古を行った。

 作品は、太平洋戦争末期に息子の特攻出撃を見送った父親の手記を基にしたサラみやざき公演「蒼天(そうてん)のむこうへ」。2月20、21日に延岡総合文化センター小ホールで上演される。同センター「パフォーマ延岡」シリーズの一環。

 俳優・声優養成スクールのサラエンタテインメント宮崎校・延岡校・都城校の生徒と講師、県内の劇団員ら22人が出演する。この日の立ち稽古には県内から15人が参加。演出の谷口ろくぞうさんから厳しい指導を受けながら台本の最後まで通した。

 台本は、延岡市出身の特攻隊長・黒木國雄さんの父肇さんの手記を基に、やぐちむつみさんが創作。肇さんはこの手記に、兵舎で息子と一夜を過ごした後に翌朝の出撃を見送った時の様子や心情などを記しており、やぐちさんは原文を生かして親と子の再会、別れの状況、会話などを事実に基づいて再現しつつ創作した。

 肇さんの手記は平成7年、終戦50年企画を進めていた夕刊デイリー新聞社に、黒木家の次男民雄さん(82)=延岡市北町=から戦時資料として提供された。その後、東京在住の軍事史研究家・古舘豊さんの協力を得て調査し、その成果は今回の台本にも生かされている。

 黒木親子の地元である延岡での初稽古となったこの日、民雄さんが社務所を訪れた。終戦直後、肇さんが進駐軍の武器提出命令を避けるため鍛冶屋に折らせた國雄さんの軍刀を持参。

 出演者たちは黒木親子を引き裂いた戦争の悲劇を深く刻み込んだ〃折れた軍刀〃を間近に見て、今回の舞台に懸ける思いをさらに深めていた。

その他の記事/過去の記事
page-top