【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

新たな年に75人が書き初め

本紙掲載日:2016-01-11
7面
75人が参加した第55回席上揮毫大会
参加者が書いた書の中からそれぞれ1点が県北教育書道展の出展作品に選ばれた

延岡書道協会・席上揮毫大会

 延岡書道協会(植野聖鳳会長)などが主催する「第55回席上揮毫(きごう)大会」が10日、延岡東小学校体育館で開かれた。県北地域の書道教室の生徒ら75人が参加し、新年を迎えての思いなどを込めて筆を走らせた。

 大会は、書き初めで新春を喜び、教育書道の発展に寄与することを目的に毎年開いており、幼・小学生、中学生、高校生が、「はつゆめ」など季節感ある言葉や「夢の実現」など新年の目標など自由なテーマで書いた。

 大会中、付き添いの保護者は体育館の外から見守るよう求められ、会場内は参加者と審査員のみの張り詰めた空気。その中で参加者は全神経を筆先に集中し、高校生は2枚、中学生以下は5枚をそれぞれのペースで書き上げた。

 審査は、数人の審査員が参加者の書を並べ、書体は正しい教育字体かどうか、1枚の用紙にバランスよく収まっているか、一つ一つの文字が上手かどうか、元気や勢いがあるかなどを見て、最も出来栄えの良い作品を選んでいた。

 「希望の光」と書いた旭小5年の岡美香さんは「はらう部分に注意しながら書きました。よく書けました」。「突き出し」と書いた東海小2年の山本義継君は「中心を合わせてバランスよく書けたと思います」と満足そうだった。

 作品は15日から17日までカルチャープラザのべおか2階アートギャラリーで開かれる「第55回県北教育書道展」で展示される。同展は席上揮毫(75点)、半紙(538点)、公募(157点)の3部門の作品を展示する予定。併せて年賀状コンクール作品63点も展示する。

 開場時間は15日午後1〜5時、16日午前9時〜午後5時、17日午前9時〜午後4時。

 17日午前10時30分からはカルチャープラザのべおか3階ハーモニーホールで揮毫部門の特別賞と特選、公募部門の特選受賞者の表彰式が行われる。

その他の記事/過去の記事
page-top