【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

20歳の春に思う

本紙掲載日:2016-01-11
1面
原田健幹さん
柴田敏和さん
堀田華子さん
米田秋子さん
西村翼さん
河野陸さん
中馬渚さん
島田洋輔さん
甲斐奎佑さん

◇全ての人に感謝したい−原田健幹さん

 成人式を迎え、大人の第一歩を踏み出したと感じています。きょう一緒にいる土々呂中学校の仲間とは卒業してからも仲はいいですね。成人になり、改めて今まで出会った全ての人に感謝したいです。今は建設会社で働いています。今後も健康で過ごし、立派な大人、社会人になりたいです(延岡市南一ケ岡、建設業)


◇親に甘えず自立したい−柴田敏和さん

 熊本県で自衛隊員として厳しい集団生活中、先輩後輩とうまく付き合いながら過ごせています。親には高校まで全面的な支えを受けてきたので、今後は親に甘えず自立できるよう取り組んでいきたいです。仕事でも当たり前のことをしっかりとして、上に立つのにふさわしい人間になりたいです(延岡市西階町、自衛隊)


◇責任感で引き締まる思い−堀田華子さん

 日南市の専門学校に通いながら、看護師を目指しています。今は研修も終わり、国家試験の勉強に励んでいます。成人を迎えてうれしいけど、責任感が伴うので身の引き締まる思いです。迷惑ばかりかけてきた親には感謝しかありません。恩返ししていきたいです。いい旦那ができるよう落ち着いた女性になりたいです(延岡市北浦町、学生)


◇将来は延岡で働きたい−米田秋子さん

 看護師を目指して福岡の大学に通っています。課題が大変ですが、勉学に集中させてくれる親に感謝しています。生命の喜びに触れられる助産師になりたい。皆さんに喜んでもらえたら私もうれしいですね。家族、地元が大好き。友達も延岡にいるので、将来は延岡で働きたいです(延岡市北川町瀬口、学生)


◇中学校の先生を目指しています−西村翼さん

 中学校の社会の先生を目指して勉強を頑張っています。本県は全国的に見ると学力が低いのが現状で、まずは先生になってそれを改善したいです。そして最終的には、教員向けの講習会を全国で開き、教員の資質向上に貢献したいです。これからは成人として、自覚と責任を持った行動を取ります(延岡市北方町角田、大学生)


◇信頼される消防士になりたい−河野陸さん

 責任と自覚を持った大人になりたいと思います。将来の夢は市民から信頼される消防士になることです。今は夢の実現に向けて、専門学校に通って勉強しています。できれば日向市で就職し、地元に恩を返し、貢献できればうれしいですね。早く消防士になって親孝行したいです(日向市富高、専門学校生)


◇親には感謝の気持ちでいっぱい−中馬渚さん

 JA日向日知屋支店で貯金の窓口業務を担当しています。これからも地域の皆さんとの会話を大切にして、笑顔を心掛けた接客をしていきたいです。小学生の頃からバスケットボールをやっていて、親にはいつも送り迎えしてもらったり、優しく時に厳しく見守ってくれたので、感謝の気持ちでいっぱいです(日向市浜町、JA日向)


◇困っている人のために働きたい−島田洋輔さん

 九州保健福祉大学の臨床工学科で勉強しています。将来は医療機関に就職し、患者さんや困っている人のために働きたいと思っています。成人式では司会を担当しました。緊張しましたが、いい経験になりました。これを機に、自分に責任を持って生きていかなければいけないという自覚が湧きました(門川町尾末、学生)


◇毎日を全力で生きたい−甲斐奎佑さん

 中学校の体育教員を目指し、熊本大学教育学部(2年生)で学んでいます。将来は地元の中学校で働くのが夢です。これからは一人の大人として毎日を全力で生きながら家族にこれまでお世話になった分の恩返しをしていきたいと思っています(高千穂町押方出身、大学生)
(かっこ内は現住所、もしくは出身地)

その他の記事/過去の記事
page-top