【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

新年号・第1部−市町村の「人口ビジョン」

本紙掲載日:2016-01-01
4面

わがまちは生き残れるか−あなたの町の45年後の人口は?

 あなたは、宮崎県や自分の住んでいるまちの人口が将来どのくらいになると思いますか。日本創成会議は、若者の流出、東京への集中、少子高齢化、出産適齢女性の減少で地方の人口は減少を続け、半数の市町村は消滅する可能性がある―と警告し衝撃が広がった。政府は「まち・ひと・しごと創生法」を制定し、生き残るための「総合戦略」(2015〜2019年の5年間の戦略)と将来の「人口ビジョン」を今年度中に策定することを県や市町村に義務づけた。策定を終えた県と市町村の生き残り総合戦略と人口ビジョンを見てみよう。

 国、県、市町村も「出生率を上昇させる」「若者の流出を抑え、転入者を増やす」ための戦略(施策)を示して、その効果が出ることを前提に、国立社会保障人口問題研究所(通称・社人研)や日本創成会議の推計人口を上回る「人口ビジョン」を打ち出している。

□国―1億人を確保

 国立社会保障人口問題研究所(以下、社人研)は、2060年の日本の人口は8700万人まで減少すると推計しているが、国は、合計特殊出生率(1・43=2013年)が2030年に1・8程度、2040年に人口置換水準である2・07程度まで上昇した場合、2060年の日本の人口は1億200万人となる。

▽目標=2060年に1億人程度の人口を確保。長期的には9000万人程度でおおむね安定的に推移する(まち・ひと・しごと創生長期ビジョン)

□宮崎県―80万人超

 社人研の推計では、2060年の県人口は71万2000人まで減少するとしているが、県は、々膩彳端貊仞故─複院Γ沓押瓧横娃隠廓)が2030年まで段階的に2・07まで上昇し、■横杭舒焚爾亮禺圓領出超過を段階的に30%抑制した場合、2060年の県人口は80万2000人となる。

 「少子化と高齢世代の退出による自然減や若者層を中心にした社会減で当分の間、人口減が続くが、それらの状況が早く改善する場合と、そうでない場合で2060年ごろの県人口は80〜60万人程度まで差が生じることになる」

▽目標=出生率を上げ、若者の流出を抑えて、80万人超を維持する

□延岡市―9万人維持

 社人研は、2060年の人口は7万2000人に減少すると推計しているが、延岡市は、々膩彳端貊仞故─複院Γ僑后砲2030年に1・90程度まで向上して継続し、⊃邑維持のため各種の取り組みを行うことにより、2060年まで45年間に社会増減を6300人(5年間で700人)改善することで2060年の人口は9万89人になる。

▽目標=9万人の維持・確保を目指す。

□日向市―4万5千人

 社人研の推計では、2060年の日向市の人口は4万445人まで減少するとしているが、日向市は、々膩彳端貊仞故─複院Γ沓后砲2030年まで段階的に2・07以上に上昇し、■横杭舒焚爾凌邑流出を30%以上抑制した場合、2060年の人口は4万3635人になる。

▽目標=4万5000人超を維持する。

□諸塚村―847人

社人研の推計では、2060年の諸塚村の人口は614人まで減少するとしているが、諸塚村は「3年後、2019年度の目標1600人以上」。々膩彳端貊仞故─複院Γ沓院砲2040年までに1・9まで上昇し、⊆區邑推計に加え、25〜34歳の男性が年間1人、同女性が年間2人の転入すれば、2060年の人口は847人になる。

▽目標=2060年に847人

□椎葉村―現在の半数

社人研の推計では、2060年の人口は999人まで減少するとしているが、椎葉村は、々膩彳端貊仞故─複院Γ牽押砲2040年までに2・37(平成5〜9年の数値)まで上昇し、その後は維持■横娃僑闇時点でも0〜4歳人口が100人前後を維持することで2060年時点の人口は1338人になる。

▽目標=2060年の人口は現在の半数程度。

□美郷町―3600人

 社人研の推計では、2040年の美郷町の人口は3173人まで減少するとしているが、美郷町は、々膩彳端貊仞故─複院Γ坑院砲2040年までに段階的に2・1まで上昇し、■械杭舒焚爾僚祕榮或邑を50%に抑制すれば、2040年の人口は3642人になる。「2040年の目標人口は約3600人」。(美郷町の人口ビジョンは2040年で推計し、2060年は出していない。総合戦略は2月に策定予定)

▽目標=25年後に約3600人。

□日之影町―2千人

 社人研の推計では、2060年の日之影町の人口は1155人まで減少するとしているが、日之影町は、々膩彳端貊仞故─複院Γ沓后砲2030年までに段階的に2・07まで上昇し、その後も維持し、¬ずЪ埖从や移住促進により転入者を2030年まで段階的に17人増加を維持することで、2060年の人口は2020人になる。

▽目標=45年後に2020人 。

□五ケ瀬町―2700人

 社人研の推計では、2060年の五ケ瀬町の人口は2022人まで減少するとしているが、五ケ瀬町は、々膩彳端貊仞故─複院Γ牽押砲2040年まで段階的に2・07に上昇し、雇用の創出や子育て支援により毎年2組の家族(30代前半の夫婦と10歳未満の男女と仮定)の転入を目指し、2060年の人口は2737人になる。

▽目標=2060年の人口は2700人。

その他の記事/過去の記事
page-top