【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

門前市、もっとPRを

本紙掲載日:2023-06-28
3面
出店者などから活発に意見が交わされた延岡門前市協議会の通常総会
地場産の野菜や果物、総菜などが手頃な価格で販売される延岡門前市(21日午前、山下新天街)

毎月1の日に開催−15年前の半数29店舗

◆協議会が総会−出店を呼び掛け

 延岡市の山下新天街アーケードで毎月1が付く日に門前市を開催している延岡門前市協議会(興梠貴士会長)は21日、通常総会を開いた。地場産野菜や総菜などの販売が人気がある一方、門前市の存在を知らない人も多くいることから、PRに努め、新規出店者の加入を促進することなどを確認した。

 門前市は、市が進めていた中心市街地の再生を目指すTMO事業構想で提案され、2002年4月から、毎月1、11、21日に開かれている。

 総会には、山下新天街振興組合や周辺商店街の役員、出店者ら約20人が出席。昨年度の事業報告や今年度の事業計画、収支予算などを承認した。

 事業計画では、一定額以上の購入者に抽選券を贈る「ガラポン抽選会」などの新規事業を行うこと、川南町の「トロントロン軽トラ市」などの視察研修を通して学ぶことなど、新たな取り組みを行うことなどを確認した。

 門前市は出店料が300円と安いが、高齢化で出店者が減り、昨年度は山下新天街内の店舗も含め29店舗。15年前に比べると半数以下となり、数が少ないために販売する商品のマンネリ化も課題になっている。

 出席者からは「門前市そのものが知られていない」との声が多く寄せられ、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を活用し、幅広い世代に周知を図っていく案が出された。

 「個々が魅力ある店づくりを」との声もあり、定期的に集まって勉強会を開く案、視察研修や講習会を通して学ぶ案などもあった。

 また、「出店料が300円は助かるが、あまりにも良心的。500円くらいにして、門前市の広報や魅力向上のために生かしたらいいのでは」と値上げ案もあり、出された意見は今後、話し合いを重ねて、検討していくことを確認した。

 門前市は毎月1、11、21日の午前9時〜正午。協議会は出店者を募っている。「チャレンジショップとして利用するなど気軽に出店を」と呼び掛けている。山下新天街振興組合(箟箍34・6379)。

その他の記事/過去の記事
page-top