【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県、5類移行で対応方針

本紙掲載日:2023-04-29
3面
対応方針を説明する河野知事

 県は28日、新型コロナ5類移行後の対応方針を発表した。外来は「幅広い医療機関」、入院は「全病院」での対応に変更。入院調整は各保健所が医療機関からの相談に応じて進めるなど、県民や医療機関に混乱が生じないような措置を示した。

 新型コロナの季節性インフルエンザとほぼ同様の対応へと移行することに伴い、県防災庁舎で28日、第58回新型コロナ対策本部会議を開き、対応を確認した。

 5類移行で、宿泊療養施設と陽性者登録センターの運営、食料などの支援、検査費用の公費負担などは終了。ただし、コロナ治療薬費用は9月末まで、ワクチン接種費用は今年度末まで、入院医療費は条件付きで9月末まで公費負担を続ける。

 高齢者施設などの職員に対する検査や、同施設に往診する医療機関への補助なども継続。受診・相談センターとフォローアップセンターは、県新型コロナウイルス感染症相談窓口(筍娃坑牽機Γ沓検Γ毅僑沓亜砲飽賈棆修掘■昂酲まで運営する。

 毎日公表していた感染者数は週1回に変更し、58定点医療機関からの報告数と定点当たりの感染者数を発表。行動要請は行わないが、発症後5日経過かつ、症状軽快から24時間がたつまでは外出を控えるよう推奨する。

 また、新型コロナ対策本部と対策協議会の廃止に代わって医療関係者や学識経験者らでつくる連携協議会を設置すること、新たな感染症の危機に備えるため、今年度中に感染症予防計画を変更することなども示した。

 会見で河野知事は「コロナが終わった訳ではない。新たな事態が進展した場合に対応できる余地を残した」と説明。「感染状況に応じた注意喚起を行い、重症化リスクの高い方々に対して必要な医療提供体制の確保に努めたい」と述べた。

その他の記事/過去の記事
page-top