【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

4年ぶり、ひょっとこ夏祭り

本紙掲載日:2023-03-21
1面
ひょっとこ踊りを練習する参加者(18日、日向市文化交流センター)

本番は8月4、5日−今から踊りに磨き

◆北海道、関東などから参加者−日向市で講習会

 4年ぶりの開催が決まった第40回日向ひょっとこ夏祭り(8月4、5日)に合わせて、ひょっとこ踊り講習会が18日、日向市文化交流センターであった。遠くは北海道、関東、関西など県内外から愛好家約100人が参加し、橘ひょっとこ踊り保存会から指導を受けた。

 講習を前に長友正博商工観光部長があいさつ。踊りの起源や祭りの歴史を振り返りながら「4年ぶりの開催。(講習で)踊りに磨きを掛け、40周年の祭りを一緒に盛り上げてほしい」と話した。

 海野芳彦実行委員長は昨年、1週間前に中止を決定したことをわびた上で「今年こそ必ずやるので皆さん参加してほしい」。保存会の盒彊存会長も「赤一色で大いに盛り上げてほしい」と呼び掛けた。

 講習では同保存会が模範演技を披露した後、初心者と経験者に分かれて練習を開始。まずは足の使い方(ステップ)から行い、「腰を落とす」「足でリズムを取らず体全体で」などの説明を受けながら会場を往復した。

 その後、手の動きを加え、一連の動作を練習。「テンテコテン、テンテコテン」と言いながら、リズムに合わせて踊った。

 北海道恵庭市から1人で参加した秋田ひろ子さん(74)は「地元の老人クラブで踊りを知って、やってみたいと思った。足の運びが難しく、つまづいてしまう。練習して祭りに出たい」。

 2年ほど前にひょっとこ踊りに興味を持ち、ユーチューブで独学していたという日向市日知屋の黒木陽太ちゃん(5)は「楽しそうに踊っているのを見て踊りたいと思った。楽しい」とニッコリ。母の純子さん(39)によると、クリスマスプレゼントはひょっとこ面だったといい「祭りにも参加するみたいです」とほほ笑んでいた。

 祭りは8月5日(前夜祭4日)、日向市駅前交流広場「ひむかの杜(もり)」を主会場に中心市街地で開催される。前夜祭は個人戦、本祭りはパレードが行われる。4年前の第36回には113連で過去最多の踊り手2224人が参加した。

その他の記事/過去の記事
page-top