【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

グリーン・ライトアップ

本紙掲載日:2023-03-15
7面
緑内障の正しい理解を啓発するグリーン・ライトアップ(延岡市岡富町の尾眼科延岡)

緑内障への正しい理解を−18日まで延岡と日向で

◆おざきメディカルアソシエイツ

 世界緑内障週間(12日から)に合わせ、医療法人おざきメディカルアソシエイツ(尾峯生理事長)は、日向市亀崎の尾眼科日向本院と延岡市岡富町の尾眼科延岡で、夜間に建物のグリーン・ライトアップを実施している。18日まで。

 緑内障の正しい知識や理解を広めようと日本緑内障学会が取り組んでいる「ライトアップinグリーン運動」に毎年賛同。期間中の午後5〜10時に日向、延岡両病院の外壁を緑色のライトで照らし出している。

 尾理事長によると、国内の視覚障害の原因疾患で最も多いのが緑内障(28・6%)で、高齢人口に比例して患者数も増加していると推定されている。

 罹患(りかん)しても初期・中期には自覚症状が少ないため気付きにくく、早期発見・治療に向けて眼(め)の検査が欠かせないという。また、進行させないためには長い時間をかけた治療が重要だが、高齢化や独居、認知症などで滞り16日いことが課題となっている。

 一方、尾眼科では落屑(らくせつ)緑内障の検査・治療にも注力。落屑は虹彩の瞳孔縁や水晶体表面に付着する白い粉状の病変で、眼圧が高くなり16日い、点眼治療が効きにくい、悪化スピードが速いという特徴があり、水晶体が前方に偏る閉塞(へいそく)隅角緑内障になることもあるという。

 落屑緑内障は南九州に多いとされ、落屑があると5〜15年で30%以上の人が緑内障に悪化すると報告されている。おざきメディカルアソシエイツは落屑緑内障の手術治療を工夫・研究し、同緑内障に関する重要な分子遺伝学的研究や国際研究にも参加している。

 こうしたことから尾理事長は緑内障について、「『早期発見・継続・希望』をキーワードにした啓発活動が非常に重要です」と強調。「緑の光は『あなたの眼がずっと見えていますように』という希望の光でもあります」とグリーン・ライトアップへの理解を求めている。

その他の記事/過去の記事
page-top