【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

合同チーム完成度高まる

本紙掲載日:2023-03-13
8面

第31回夕刊デイリー新聞社旗日豊中学女子ソフトボール大会

◆声掛けで集中、無失策

 今季、県内2冠の平岩・富島・財光寺。今大会も攻守に、合同チームとは思えない高い完成度を見せた。近藤監督は「九州の高いレベルを知り、うまくいかない時も自分たちで修正し、勝ちきることができた」と選手たちをたたえた。

 県選抜のエース山咲を擁し、2月末には九州大会に出場。初戦で、準優勝した福岡県のクラブチームに3―7で敗れた。

 合同チームのため、全員が集まったのは九州大会以来。だが、そこで得たものを発揮した。

 それは「次のプレーに対して、みんなで声掛けをすること」(主将の佐藤穂)。二塁手の主将が率先して、全方位に声を掛ける。その結果、「全員が集中力を切らさずに守れた」。

 最終戦は、佐藤穂を中心にファインプレーも含めた無失策。主戦をもり立てて、完封した。攻撃は山咲、菊池と足が速い1、2番が機能。バントも絡めて、1点ずつを奪った。

 佐藤穂は「個人的には打撃に悔いがある。それぞれが個人の技術を上げて、夏は全員が1戦ずつ集中して戦い、全国に行きたい」。近藤監督は「失点を抑えることと、打撃の対応力。練習試合を重ねながら、県内無敗と全国を目指したい」と話していた。


◇もっともっと速いボールを
山咲(最終戦は2安打完封。攻撃でも2得点)「久しぶりの集合で不安はあったが、みんなで声を掛け合っていいプレーができた。九州大会を経験し、もっともっと速いボールを投げたいと思った。これから、全部『0』で抑えたい」


◇頭を使えるように
菊池(2番でバント安打2本を含む3安打)「小さなミスがあっても励まし合えて、みんなの絆が深まった。打撃は調子が良く、打席の中で相手の守備位置を見て、頭を使えるようになった。1番がよく打つので、走者を進め自分も塁に出て、もっとたくさん点を取れるようにしていきたい」


◆フルスイングで挑み準V−延岡

 思い切りのいい打撃が光った延岡が準優勝。盪慨篤弔蓮峭況發呂箸討睥匹ったので、守備をもっと上達できれば。まだまだうまくなってくれるので、子どもたちを信じるだけ」とさらなる成長を期待した。

 昨年まで2年続けて夏の九州大会に出場。今のチームは中学から競技を始めた選手も多く、当初は思うような結果につながらなかったという。

 冬を越え、「当たらなくてもいいから、思い切り振ること」。今大会で、監督の思いが形に近づいた。決勝リーグ初戦は池田、遠田、土田が本塁打を放つなど大勝。最終戦は相手の守備に阻まれたが、県の王者に対し、フルスイングで挑んだ。

 主将の平野は「チーム一丸となって戦えた。つなぐ打撃と団結力を磨き、次は優勝したい」。振ることで、夏に挑む頂きの高さを知った。


◇少しは成長できた・門川・田端(3位の主将)
「予選リーグは打線がつながり、守備もリズム良く戦えて、少しは成長できたと思う。守備はバントのミスをなくすよう強化し、中学総体の県大会に行きたい」

その他の記事/過去の記事
page-top