【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ふるさとで堂々と発表

本紙掲載日:2023-03-10
7面

若手演奏家5人出演−ジョイントコンサート

 県北出身の音楽を学ぶ若手演奏家が日頃の成果を発表する「第57回ジョイントコンサート」が2月25日、延岡総合文化センター小ホールであった。恩師、友人、家族らが見守る中、5人が堂々と演奏した。

 コンサートは、現役の音大生らが日頃の勉強や練習の成果を地元の人たちに発表し、学生同士の親睦を図ることを目的に毎年実施。昨年からは出演者を30歳以下の若手演奏家に広げている。

 高校生−一般5人が出演した今回は、最年少の梅橋睦実さん(大分県立芸術緑丘高1年)のフルート独奏で幕開き。鍋島美央さん(平成音楽大3年)がチェロ独奏、福富奏子さん(鹿児島大卒)、大友未夢さん(東京音楽大3年)がピアノ独奏、岸田憲明さん(平成音楽大4年)がバリトン独唱と、少人数ながらバリエーションに富み、来場者を楽しませた。

 ほとんどが昨年も出演しており、1年前よりさらにレベルアップした演奏を披露。来場者からは「成長を見ることができるのがうれしい」との声も聞かれた。

 このうち大学で本格的に声楽を学び、「4年間を締めくくる音楽を届けたい」と意気込んでいた岸田さんは3曲歌った。「くちなし」(高野喜久雄作詞、眦鳥囲査邏福砲蓮庭のクチナシの木を見て亡き父を思い出す内容の歌詞。岸田さんは高校2年の時、父の秀文さん(享年52歳)を病気で亡くしている。情感のこもった歌声と成長した姿に、客席の家族や恩師らが涙を流していた。

 「亡き父への思いは共通する部分が多く、自分の思いを乗せて作品を届けようと思った」と岸田さん。涙が止まらなかったという母・征子さん(52)は「歌って本当にすごい力がある」。思いが届いたようだった。

 5人の演奏後は、伴奏者も登壇し、来場者と「ふるさと」を合唱。実行委員長の岸田さんは、「コロナ禍で開催できたことをうれしく思う。音楽は私たちを元気づけてくれるものだし、必要なものだと改めて感じた」とあいさつした。

その他の記事/過去の記事
page-top