【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

トリプル受賞祝う

本紙掲載日:2021-12-06
1面

文科大臣表彰・城山神楽実行委員会

◆延岡市文化功労者・山さん
 夕刊デイリー明るい社会賞・甲斐さん

 延岡市の城山神楽祭実行委員会(山洋一会長)は4日、昨年から今年にかけて実行委員会や関係者が表彰される栄誉が続いたことから、祝賀会を開いた。次世代を担う子どもたちによる神楽もあり、今後のさらなる飛躍を誓い合った。

 受賞したのは、昨年度の延岡市文化功労者の山会長(77)=大峡町=、今年度の夕刊デイリー明るい社会賞の甲斐定行さん(74)=北浦町三川内=の2人。また、同実行委員会は昨年度、地域文化功労者表彰(文部科学大臣表彰)を受けており、「トリプル祝賀会」となった。

 会場の同市川原崎町のガーデンベルズ延岡には実行委のメンバーや、さまざまな面で支えてきた来賓約60人が参加。主催者を代表し、小野雅春顧問は「地元で舞われていた神楽が表に出て、みんなで交流し、刺激を受けてさらに意欲が増し、非常に効果のある祭りになっている」と城山かぐらまつりについて紹介し、受賞者の尽力に感謝した。来賓で今山八幡宮の伊藤俊郁宮司がお祝いの言葉を述べた。

 受賞者あいさつで山会長は、城山かぐらまつりを始めたきっかけを、大好きなお酒と絡めながらユーモアたっぷりに振り返り、「若い人たちがおりますので、後をよろしくお願いしたい」。甲斐さんは「受賞は皆さんと長く神楽をやってきたから。コロナ禍で思うようにできないが、一日も早く皆さんと神楽ができることを祈念している」とあいさつした。

 記念品贈呈に続き、延岡市郷土芸能保存会の木本宗雄会長の音頭で乾杯。神楽の披露があり、甲斐さんが所属する歌糸神楽保存会から稲田龍星さん(12)、山本心翔さん(10)が三川内神楽の「壱神楽」を、山会長が所属する大峡神楽保存会から瀬戸口賢一郎さん(40)が延岡神楽「三番荒神」を舞い、盛大に祝った。

その他の記事/過去の記事
page-top