【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県北勢、3人1団体が全国大会へ

本紙掲載日:2021-10-22
7面

高文祭−県内高校生、各部門で輝く

 高校生の芸術文化の祭典「第43回県高校総合文化祭」は、先月25日からこれまでに21部門中19部門が行われ、一部の部門を除き2022年度第46回全国高校総合文化祭、第5回全九州高校総合文化祭長崎大会の出場者が決まった。

 県北勢は、文芸の散文で最優秀賞の黒木颯さん(日向2年)、書道で全国大会選抜賞の黒木璃子さん(五ケ瀬中等5年)、百人一首で個人戦4位の甲斐洸太郎さん(延岡2年)、郷土芸能で最優秀賞の五ケ瀬中等が全国大会に臨む。

 九州大会には、文芸・散文の黒木颯さんと同・俳句の黒木美紅さん(日向1年)、書道の花宮百世さん(五ケ瀬中等5年)、弁論の藤原凜華さん(同)、美術の永井愛華さん(同6年)、囲碁の垣内和馬さん(同4年)が出場する。

 県北勢の各部門の入賞者は次の通り。結果は22日時点。(敬称略)

【百人一首】
[団体戦]
▽3位=尚学館

[個人戦・Aパート]
▽4位=甲斐洸太郎(延岡2)

[同・Bパート]
▽3位=緒方彩弥(日向2)

[同・Cパート]
▽優勝=黒木基心(延岡1)友井裕子(同)柏田葵衣(尚学館1)
▽準優勝=宮田あかり(延岡1)西山穂香(同)▽3位=田中あさみ(延岡星雲2)亀山真陽(延岡1)谷口敬彦(同)

【写真】
▽銅賞=鈴木龍斗(日向ひまわり支援3)「コントラスト」、児玉和響(日向工2)「平行世界」、淵本好美(延岡商3)「風雲児」、松葉奈緒美(富島定時制4)「おもいで」、三村青路(延岡星雲2)「落ちた雫と」、安藤萌夏(聖心ウルスラ学園2)「憎しみの中で肥えた家畜を食べるより、愛がある家庭で青菜を食べる方が良い。」

【文芸】
[文芸誌]
▽奨励賞=延岡工「世界樹第二十七号」

[散文]
▽最優秀賞=黒木颯(日向2)「君の知らない温度」

【自然科学】
[物理]

▽最優秀賞=日向サイエンス部
[生物]

▽最優秀賞・生徒投票賞=延岡サイエンス部
【弁論】

▽優秀賞=藤原凜華(五ケ瀬中等5)「出会いと人権」
【書道】

▽全国大会選抜賞=黒木璃子(五ケ瀬中等5)「鼓動」
▽九州大会選抜賞=花宮百世(同)「桃花浪」
▽優秀賞=中田萌々香(延岡3)「李賀詩」、脇坂奈那子(同)「王維詩」、黒田睦姫(日向1)「臨楊」、佐藤心音(高千穂2)「臨呉昌碩」、佐藤美咲(五ケ瀬中等5)「臨重之集」、平岡桜(同)「臨呉譲之」、藤原凜華(同)「臨真草千字文」
▽奨励賞=長尾奏菜(延岡1)「臨王鐸」、工藤茉祐(延岡星雲1)「臨多宝塔碑」、濱田由都(日向工3)「秋桜子の句」、渡邊悠剛(日向工2)「清如玉壺冰」、那須あかり(日向2)「蘇軾詩」、甲斐暉奈(高千穂2)「臨王鐸」、真鍋るな(同)「臨雁塔聖教序」、南村遙佳(五ケ瀬中等4)「臨呉昌碩」
▽学校賞=謀腸變襦扮箍青朋通信制3)「臨孟法師碑」

【美術】
▽準特選=永井愛華(五ケ瀬中等6)、渡部莉音(延岡2)
▽奨励賞=大山綾乃(延岡1)、中村莉子(五ケ瀬中等5)

【国際ボランティア】
▽第23回スピーチコンテスト優秀賞=後藤苺花(延岡工1)

【郷土芸能】
▽最優秀賞=五ケ瀬中等
▽優秀賞=高千穂

【囲碁】
[男子個人戦]
▽2位=垣内和馬(五ケ瀬中等4)▽4位=壱岐卓久帆(日向工2)

【吹奏楽】
▽優秀賞=延岡学園、延岡・延岡星雲、聖心ウルスラ学園(審査員特別賞)
▽優良賞=日向、高千穂(審査員特別賞)、門川、富島


◆合唱部門、歌でメッセージ−延岡など14校参加

 合唱部門は9月27日、延岡市の延岡総合文化センター大ホールであった。県内の高校、特別支援学校から14校が参加し、美しいハーモニーを披露した。

 「器楽・管弦楽部門」「日本音楽部門」と合同で開催。合唱指揮者の今村愛子さん、元読売日本交響楽団トロンボーン奏者の松原正幸さん、佐土原高校教諭で前日本音楽専門部委員長の児玉智さんが講師を務めた。

 県北からは延岡の合唱部が出場。同部は「少人数ながら楽しく活動している。コロナ禍の今だからこそ心に響く力強いメッセージを歌いたい」というあいさつ通り、男女11人が「星影のエール」(GReeeeN)を強弱を付けて伸び伸びと合唱。続いて、混声合唱曲集「かなしみはあたらしい」より「未来へ」(信長貴富作曲)では、牧千晴さんのギター演奏も加わり、歌とギターとピアノ伴奏で、より厚みのある演奏を披露した。

 同部門では、都城泉ケ丘が入賞し、上位大会への出場権を獲得した。


◆放送部門、講習会で知見広める−延岡星雲が活動リポート

 放送部門は2日、延岡市のカルチャープラザのべおかで開かれた。コロナ禍のためコンテストは行わず、2年連続で講習会を実施。オンライン参加を含めた県内22校の放送部員約100人が、講話などを通して放送活動に対する知見を広めた。

 会では、UMKテレビ宮崎アナウンサーの永井友梨さんが「アナウンサーの仕事とは」をテーマに講話。全国大会入賞経験者で宮崎南高校卒業生の座談会や高校生による活動リポートも行われた。

 活動リポートには、第68回NHK杯全国高校放送コンテストの創作ラジオドラマ部門で3位入賞を果たした延岡星雲高校と、昼休みの校内放送に力を入れている都城泉ケ丘高校が代表で登壇した。

 延岡星雲高校は、1年生の甲斐美羽さんと小澤純奈さんが部の活動を報告。「良い作品を知らなければ良い作品は作れない、という理由から、1年生は全国放送コンテストの作品を視聴しなければいけないことになっている」と話した。

 参加者は、第一線で活躍するプロの講話や同世代の発表をメモを取りながら真剣に聴いた。質疑応答のコーナーでは、オンライン参加の生徒も積極的に質問し、実りあるひとときを過ごしていた。




その他の記事/過去の記事
page-top