【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

きれいな松山川守る

本紙掲載日:2021-07-28
8面
松山川でボランティア除草に励む延岡地区建設業協会の会員ら(延岡市古川町)

延岡地区建設業協会、除草ボランティア

 延岡地区建設業協会(木村健一会長)はこのほど、「県企業協働河川アダプト制度」の活動として、延岡市の松山町―古川町を流れる松山川の除草ボランティアに取り組んだ。

 同制度では、県と協定を結んだ賛同企業が、堤防や道路などの公共空間を自らの養子(アダプト)と見なし、責任と愛情を持って環境美化活動を継続。同協会は2017年にアダプト団体に登録して年2回のボランティア活動を実施しており、加盟企業のうち、現在59社が協定に名を連ねている。

 この日は49社と協会事務局から約70人が参加。上流から下流まで1・5キロ区間の両岸に生い茂る雑草を、刈り払い機で丁寧に刈り取って集め、運び出した。

 下流部は足場の悪い急斜面の谷になっており、参加者は背丈ほどまで伸びた大量の雑草に苦戦。むせ返るような暑さの中、雷雨に見舞われながらも持ち前の技量とチームワークで、半日かけてすっきりとした景観に取り戻した。

 松山川には、環境省が絶滅危惧粁爐忙慊蠅垢襯潺淵潺瓮瀬など希少な動植物が生息。市街地で生態系を崩さない河川改修工事は、五ケ瀬川河川整備学識者懇談会から高く評価されており、同協会は「愛情を込めて安全に活動し、きれいな松山川を守っていきたい」としている。

その他の記事/過去の記事
page-top