【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

畑に絶滅危惧種のアカメ

本紙掲載日:2021-06-18
3面
小橋谷川沿いの畑で見つかったアカメにメジャーを当て体長を計る山口さん

差木野町の小橋谷川沿い

◆増水で取り残されたか

 〃幻の魚〃と言われ、環境省の絶滅危惧種となっている「アカメ」が、延岡市差木野町を流れる小橋谷川沿いの畑で見つかった。体長は約120センチ、体の背縁から腹縁までの体高は約40センチという大物。近くの山口喜久男さん(75)が14日朝に発見した。地域の人も珍しさと大きさに驚いていたという。

 小橋谷川は北川の支流。「13日の大雨で川が増水し、一緒に流れ込んだのではないか」と山口さん。水が引くときに畑に取り残され、しばらくたったとみられ、見つかったときはすでに力尽きた状態だった。

 増水で魚が流れ込むのは珍しくはなく、これまでもスズキやチヌ、コイなども同様に畑に流れてくる例はあったという。ただ、アカメという珍しい魚に山口さんは「こういう貴重な魚が現れるのも、差木野に自然がまだ残っている証拠。孫子の代まで受け継いでいかなければ」と話していた。

 アカメは目がルビー色をしているところからこの名が付いた。高知県や本県などの沿岸部、河川の汽水域に生息している。産卵期は4月から9月という。県版レッドデータブック(2015年版)では「絶滅危惧粁燹廚吠類されている。県の指定希少野生動物で捕獲や売買は禁止されている。そのため、一般の人が見ることはほとんどない。

 同市水産課職員の伊藤弘人さんは「成魚になればこれくらい大きくなるのは十分にあり得ることだが、ここまで大きいのは初めて見た」と話し、アカメは同課が回収した。

その他の記事/過去の記事
page-top