【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

日向市−ワクチン接種

本紙掲載日:2021-06-16
3面

難病、基礎疾患ある−64歳以下対象

◆7月9日まで受け付け

 日向市は15日、難病、基礎疾患のある人について新型コロナウイルスワクチンの優先接種を行うと発表した。7月9日まで申請を受け付ける。
対象者は、12歳以上64歳以下(1957年4月2日以降に生まれた人)の難病、基礎疾患のある人。

 接種を希望する人を対象に優先接種を行うため、優先して接種券を交付する。ただし日向市に住民票がある人に限る。

 申請方法は〇團曄璽爛據璽犬泙燭六圍味稗裡展式アカウントから申請フォームにアクセスして入力・申請∋堝皸緡典ヾ悗料觚で申請書に記載の上、提出市健康増進課13番窓口、または東郷総合支所、細島支所、岩脇支所、美々津支所窓口で申請書に記載の上、提出せ垠鮃増進課(〒883―8555日向市本町10番5号)へ郵送、またはファクス(電話日向56・1423)――のいずれかの方法。

 申請書は、市内医療機関窓口、市健康増進課13番窓口、各支所窓口にある。

 接種券の発送時期は、7月下旬の予定。予約方法は、接種券に同封する案内を参照する。

 難病、基礎疾患に該当するかについては、主治医などの判断、もしくは証明書や手帳などの交付の有無による。診断書などの書類の提出は不要。ただし、接種前の予診において届け出内容と実際の症状などが異なる場合、接種を受けられない場合がある。

 問い合わせは、市健康増進課(電話日向66・1024)。

基礎疾患などの種類は次の通り。

難病=難病の患者に対する医療等に関する法律第5条第1項に規定する指定難病

▽基礎疾患=慢性の呼吸器の病気、慢性の心臓病(高血圧を含む)、慢性の腎臓病、慢性の肝臓病(肝硬変など)、インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病または他の病気を併発している糖尿病、血液の病気(鉄欠乏性貧血を除く)、免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む)、ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている、免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患、神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害など)、染色体異常、重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)、睡眠時無呼吸症候群、重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、または自立支援医療=精神通院医療=で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)、基準(BMI=体格指数=30以上)を満たす肥満の人。

その他の記事/過去の記事
page-top