【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

新型コロナ、新たに26人

本紙掲載日:2021-05-07
3面
会見する重黒木県福祉保健部長(中央)ら

県北は4人、クラスターも−6日

 県と宮崎市は6日、県内で新たに26人(県2375〜2400例目)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県北は延岡市の4人。うち3人は、接待を伴う飲食店で発生したクラスター(感染者集団)の関連だった。県内の累計感染者は2400人になった。

 県北を除く市町村別は宮崎市16人、都城市4人、三股・高鍋町各1人。県内のクラスターは38例目で、延岡市では今年1月以来4例目の確認となった。

 延岡市のクラスター関連の3人を除く、20代男性は医療機関を受診して陽性が判明した。

 都城市の10代未満の男女3人、30代男性は5日発表の同市30代女性の家族。三股町40代女性と高鍋町20代男性はこれまでの感染者や宮崎市のクラスターと関連があった。

 宮崎市によると、同市20例目のクラスターとなった接待を伴う飲食店関連では、20代女性従業員2人の感染を確認し関連感染者は10人になった。

 クラスター21例目の事業所は、同市20代男性と高鍋町20代男性の従業員2人の感染が分かり、感染者は計23人になった。

 宮崎市の新規感染者16人のうち、クラスター関連は3人。8人はこれまでの感染者と接触歴があり、5人は行動歴を調べている。


◆延岡市でクラスター、計7人が感染

 県感染症対策室によると、延岡市のクラスターは、2日発表の同市30代男性、3日発表の同市50代と20代の女性2人の計4人と、6日発表の20代と40代の女性、60代男性の3人の計7人の感染を確認した。女性4人は従業員で男性2人は来店客という。

 店舗は来店者の名簿を作成しており、5日までに来店客や従業員ら約50人の検査を終えた。検査対象者は把握し「感染が拡大する可能性は低い」として、店舗名などの公表はしない。


◆5日時点の入院52人

 県によると5日時点の県内の入院は52人で、重症者が1人増え2人。日向入郷圏域(18病床)で3人、延岡西臼杵圏域(44病床)で14人が入院。宿泊・施設療養は178人で、延岡市の宿泊施設で10人、施設で31人が療養中。自宅療養は69人。入院・療養調整中は50人となっている。


◆変異株疑いは9割

 県感染症対策室は6日、5日に県内で実施した変異株PCR検査は9件でうち8人が変異株疑いだったと発表した。累計の変異株疑いは205人になった。

 同室は「5月に入り感染者の約9割が変異株疑い。従来株からの置換が急速に進んでいる。変異株は感染力が高いとされている。感染者が増えると、重症者が増える恐れが高くなり、非常に危機感を持っている」としている。


◆基礎疾患ある高齢者が死亡

 県は6日、県内で新型コロナに感染し、治療中の基礎疾患がある高齢者1人が5日に亡くなったと発表した。変異株疑いかどうかは検査中。

 県内の死者は23人目で4月以降、第4波では初めて。重黒木清県福祉保健部長は「大変残念で重く受け止めている。医療機関と連携し、医療提供体制の維持と確保に努める」とコメント。県内の現況については「年始と極めてよく似た状況。連休明けの状況を注視し、必要な対策を取りたい」とした。


◆時短要請協力金の補正予算を専決処分−県

 県は4日、宮崎市での時短要請の協力金などを支給する補正予算約23億円を専決処分した。一般会計の総額は6325億1838万円となった。

 専決するのは2事業。休業要請等協力金事業が22億4181万円、飲食関連事業者等緊急支援事業が1億3020万円。

 協力金は中小企業は売り上げ規模に応じて1店舗1日当たり2万5千円〜7万5千円の範囲で支給。大企業は、売上高減少額に応じて1店舗1日当たり上限20万円を支給額とする。

 関連事業者などへの支援金は、飲食店と直接取引がある事業所やタクシー、代行運転事業者が対象で、一律10万円を支給する。


◆7日、60人未満

 県は7日午前、新型コロナウイルスの新規感染者が60人未満の見込みと発表した。50人以上は2日ぶりとなる。詳細は午後4時に発表する。

その他の記事/過去の記事
page-top