【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

龍を描き続ける小学生

本紙掲載日:2021-05-06
7面

河野咲良さん(門川)延岡で個展−虎彦サロン

 門川町在住の小学4年生、河野(こうの)咲良さん(10)が描いた絵画展「龍(りゅう)の子サラちゃん」が、延岡市幸町の「風の菓子虎彦サロン」で開かれている。14日まで。観覧無料。開場は午前8時〜午後7時(最終日は午後5時まで)。

 咲良さんは同サロンの出展者では最年少。母親の麻衣さん(32)と一緒に、龍にまつわる県北の神社仏閣を訪ねるのが大好きだった咲良さん。絵を描くことも好きで、8歳の時に突然、「お母さんが大好きな龍の絵を描いた」と、プレゼントしてくれたという。

 それ以来、龍や神様をテーマにした絵を描き続けており、4月には「10歳を迎えた記念に」と、宮崎市で初の個展を開催。麻衣さんと同店営業部長の吉弘和泉さんが友人だったことから、「ぜひ虎彦サロンでも」と誘いを受けた。

 会場には、色鉛筆や絵の具で描かれた龍、穏やかな表情の女神といった大小の作品20点を展示。生き生きとしたタッチで描かれた作品に、買い物客らが足を止めて見入っている。ポストカードの即売もある。

 「女の神様は何日もかかって描きました。龍の絵も頑張って描いたので、見てくれる人たちが、元気になってもらえたら」と咲良さん。

その他の記事/過去の記事
page-top