【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

東ファイターズ優勝−南・緑ケ丘と県学童へ

本紙掲載日:2021-05-04
9面
優勝した東ファイターズ
準優勝の南・緑ケ丘合同

第52回県学童大会兼第46回県若鷲旗学童大会延岡地区予選

◆北方・北浦は県若鷲旗の切符

 第52回県学童大会兼第46回県若鷲旗学童大会延岡地区予選は2日、延岡市一ケ岡球場で決勝が行われ、東ファイターズが南・緑ケ丘合同を5―1で下して今季初優勝した。3位は北方・北浦合同。優勝、準優勝チームは6月19、20日に小林市と都城市で行われる県学童大会、3位チームは同5、6日に日南市と串間市で行われる県若鷲旗大会へ出場する。

 大会は、Aクラス(小学6年生以下)の加盟チームのうち、全日本学童大会延岡地区代表となった一ケ岡クラブと旭サンダースを除く10チームが出場。トーナメント戦で優勝を争い、4月25日に1回戦2試合、1日に2回戦4試合、2日に準決勝、決勝、3位決定戦の4試合を行った。

 決勝は、互いに接戦を制してきた東ファイターズと南・緑ケ丘合同。試合は東ファイターズが一回に2点を先制し、四、六回にも得点を重ね逃げ切った。

 結果は次の通り。

▽1回戦
延小城山クラブ 00000−0
東海ライダース 04111−7(五回コールド)

東海東クラブ  11000−2
南方小クラブ  20121−6(五回時間切れ)

▽2回戦
北川ファイターズ90100−10
東海ライダース 10100− 2(五回コールド)

西・恒富合同  0000001−1
東ファイターズ 000020×−2

岡富クラブ   0001001−2
北方・北浦合同 101101×−4

南・緑ケ丘合同 1001000−2
南方小クラブ  0002000−2
(タイブレーク1―0で南・緑ケ丘合同の勝ち)

▽準決勝
北川ファイターズ30010−4
東ファイターズ 10211−5(五回時間切れ)

北方・北浦合同 010001−2
南・緑ケ丘合同 000021−3(六回時間切れ)

▽3位決定戦
北川ファイターズ00000−0
北方・北浦合同 2064×−12(五回コールド)

▽決勝
東ファイターズ 200201−5
南・緑ケ丘合同 010000−1(六回時間切れ)

▽三塁打=土田(東)▽二塁打=村田、興梠(東)
[評]東ファイターズは一回2死から、村田蒼真の中前打、興梠優仁の四球で一、二塁と好機を広げた後、敵失が絡んで2点を先制。以降も土田ことねの三塁打などで追加点を挙げ、突き放した。守っては土田が初回に2奪三振、三回から投げた林田も好投し、寄せ付けなかった。南・緑ケ丘合同は二回に島津有志の犠打で1点を返すにとどまった。


◆あと1本が出ず−南・緑ケ丘合同

 ○…準優勝は南・緑ケ丘合同。2回戦、準決勝と接戦を制して決勝に進んだが届かず。松田直樹監督は「あと一本が出なかった」と悔やんだ。

 南から10人、緑ケ丘から9人の合同チーム。普段は練習場所が違うため、平日は1日しか一緒にできない。難しい環境ではあったが、何とか競り勝って決勝に進んだ。

 決勝の好機は2点を追う二回、佐藤綺音が左前打、興梠空琉が四球で出塁。盗塁なども絡めて1死二、三塁とすると、島津の犠打で佐藤が生還。同点、逆転までつなげたかったが、以降は続かなかった。

 松田監督は「打撃強化が必要。県大会でベスト4にはいきたい」、主将の松田暖叶は「まず1勝して、優勝できるように頑張りたい」と話し、県大会に向けて気合を入れ直した。

その他の記事/過去の記事
page-top