【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

民間独自で開始−タクシーデリバリー

本紙掲載日:2021-05-04
1面
日向市役所前でPRチラシを配る参加店舗の店主ら

飲食店テイクアウトを宅配−日向

 日向市では、飲食店のテイクアウト料理をタクシーが注文した利用客に届ける「タクシーデリバリー(宅配タクシー)」のサービスが、民間独自で始まった。4月30日には同サービスに参加する飲食店の店主らが同市役所前に集まり、作成したチラシを来庁した市民に配ってPRした。

 同市では昨年5月、新型コロナウイルス対策事業の一環として、日向商工会議所が事務局となって「日向市地域タクシーデリバリー協議会」を立ち上げ、参加飲食店とタクシー事業者によるタクシーデリバリー事業を実施。同7月に始まり、200件以上の実績を残して同事業は今年3月末に終了した。

 その後、同市内の飲食店でクラスター(感染者集団)が発生し、県の赤(感染急増)圏域に指定され、飲食店の営業時間短縮要請が出されるなど地域経済が打撃を受けることに。

 そんな苦境の中、地域協力型のデリバリー文化の定着を図ろうと、同デリバリー事業に参加した飲食店の有志、ひまわりタクシーの協力や、地元企業の協賛のもと、民間独自のタクシーデリバリー事業「ミヤザキケンポクコードデリバリーINヒュウガ」を実現させた。

 利用できる店舗は市内の居酒屋、弁当・仕出し店、中華料理店など10店舗。宅配時間は原則として45分前後が目安。商品代金とは別に宅配料300円(4キロ圏内)が発生し、4キロ以上は1キロごとに加算されるシステム。

 利用者はスマートフォンなどで運営サイト「宮崎県北コード地域版」から「ミヤザキケンポクコードデリバリーINヒュウガ」をクリックし、利用店舗一覧から希望の店舗を選択して電話すればいい。

 現在、「ケンポクコードを見ました」と伝えると、同市中心部から4キロ圏内の宅配料が無料となるキャンペーンを実施中。「感染対策や生活利便性の追求に対しても、一度利用いただければ便利さが分かっていただけます。配達料無料キャンペーンは急きょ終了する場合があるため、この機会に利用ください」と話している。

 利用可能店舗は次の通り。

まるみ、海鮮問屋、不二かつ、すし源、辛麺屋都、天下ご麺、寿飯店、上海ガーデン、ハンバーグ&石窯ピッツァKAMAKAMA、お好み焼き本舗

その他の記事/過去の記事
page-top