【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

新型コロナ−1日34人、2日29人

本紙掲載日:2021-05-03
3面

延岡市でも2人確認


 県と宮崎市は、1日に34人(2209〜2242例目)、2日に29人(2243〜2271例目)の計63人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。また、同市は1日、市内中心部の接待を伴う飲食店で県内33例目のクラスター(感染者集団)発生を明らかにした。県北の感染者は2日に延岡市で2人で、県内累計は2271人。変異株疑いは1日に11人、2日に24人の計35人が確認され、累計は137人となった。

 1日に発表された34人の市町村別の内訳は、宮崎市の10〜70代の男女27人、三股町の10歳未満〜40代の男女3人、都城市の50代女性、日南市の40代男性、国富町の20代女性、福岡県から来訪していた50代男性。

 宮崎市中心部の接待を伴う飲食店で発生したクラスターは、宮崎市の10〜50代の男女15人と国富町の20代女性1人の計16人で、全員が店の従業員。同市が1日発表した中の12人とそれ以前に発表していた3人、県が1日発表した中の1人が確認された。

 来店者名簿が整備され、店の利用者の把握や検査の案内が個別に対応できているなどとして、宮崎市は店名を公表していない。従業員の検査はほとんど終了し、今後は数十人に上る来店者の検査を行うほか、接触歴や行動歴など調査を進める。

 宮崎市の発表分ではこのほか、同市30代女性が市内の同じ会社に勤務する同僚のクラスター関連と判明。3人がこれまでに発表した感染者の接触者のほか、県外の感染者との接触歴があるなど。残る10人については調査中という。

 県発表分では、国富町20代女性は宮崎市中心部の飲食店クラスター関連。また、三股町10代男性は、都城・北諸県圏域の県立学校で発生したクラスター感染者に認定した。このほか4人は、これまでに発表された感染者と接触歴があるという。


◆延岡市の2人は30代男性

 2日に発表された29人の市町村別の内訳は、宮崎市の10歳未満〜70代の男女17人、都城市の10〜60代の男女5人、三股町の10〜40代の女性3人、延岡市の30代男性2人、高鍋町の20代男性と新富町の30代女性。

 宮崎市は4人が市内中心部の飲食店クラスター感染者の家族や親戚、3人がこれまで発表された感染者の接触者、3人が東京在住感染者との接触者、このほか7人は調査中という。

 宮崎市以外では、都城市の10代男性1人を新たに都城・北諸県圏域の県立学校のクラスター関連に認定。残る11人については行動歴や濃厚接触者の有無などを調査している。


◆入院、1日時点で38人

 県内の1日時点の入院は38人で重症者は0人。県北は日向入郷圏域(18病床)で1人、延岡西臼杵圏域(44病床)で10人が入院。宿泊・施設療養中は110人で、このうち宿泊療養は宮崎市内36人、延岡市内8人、都城市内11人。施設療養は32人、自宅療養は23人。入院・療養調整中は45人。


◆赤からオレンジで公共施設閉鎖を解除−日向市

 日向市は4月30日、県の赤(感染急増)圏域が同日で解除され、1日からオレンジ(感染警戒)区域へと指定変更されたことを受け、すべての公共施設の閉鎖を解除し、同1日から通常通りの運営を行うと発表した。

 これに伴い、サーフスポットのお倉ケ浜海水浴場と伊勢ケ浜の両駐車場の閉鎖も解除された。同市では駐車場入り口にドライブスルー方式の検温場を設置。来場者に非接触式電子体温計による検温と連絡先の記入の協力を求める。

 市では「県が不要不急の県外との往来について、引き続き自粛を依頼していることから、県外者の皆さんの利用はご遠慮いただきたい」と呼び掛けている。


◆町内の3直売所を5日まで臨時休業−美郷町

 美郷町は、県のオレンジ(感染警戒)区域へと指定変更されたことを受け、感染拡大防止に努める目的で1日から5日まで、町内にある美郷ノ蔵(西郷地区)、いっつもや(南郷地区)、北の郷地蔵の里(北郷地区)の3直売所の臨時休業を決めた。

 なお、町内公共施設については、高齢者施設でクラスター(感染者集団)が発生したことに伴い、今月9日まで休館期間の延長を決めている。


◆19、20例目のクラスター確認−3日、宮崎市

 宮崎市は3日、市内で19、20例目となる新型コロナウイルス感染症のク
ラスター(感染者集団)が新たに確認されたことを明らかにした。同市保健所
で午後に発表する。


◆3日、30人未満

 県は3日午前、新型コロナウイルスの新規感染者が30人未満になる見込みであることを明らかにした。確定値は午後に発表する。また、河野知事は午後4時から、最新の感染状況を踏まえた今後の対応について記者会見を行う。

その他の記事/過去の記事
page-top