【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

17団体33施策を採用−延岡市提案も

本紙掲載日:2021-04-30
1面

自治体マイナポイントモデル事業−総務省

 総務省は27日、「自治体マイナポイントモデル事業」に提案のあった施策のうち、延岡市など17団体の33施策を採択したと発表した。県内からは、他に宮崎市、都城市のモデル事業が採択された。

 マイナポイントとは、マイナンバーカードを使って事前申請すれば、キャッシュレス決済の利用に対してポイントが還元される仕組み。モデル事業は、この基盤を活用し、自治体がオンラインで給付事務を行うことで、行政と住民双方の負担軽減や迅速な給付につなげることを目的にしている。

 延岡市が提案したモデル事業は、公共交通機関利用促進のためのポイント給付事業(バス利用ポイント)と、まちづくり活動参加促進のためのポイント給付事業(まちづくり活動参加ポイント)。バス利用ポイント給付事業は、要件を満たした市民からの申請に応じ、まちなか循環バスや市内路線バスで利用できるポイント(3千円相当分)を給付する。同市は、脱炭素社会実現の観点からも重要な施策と位置付けている。

 まちづくり活動参加ポイント給付事業は、要件を満たした市民がボランティア活動やイベントなど、市が指定したまちづくり活動に参加した場合にポイントを発行する。市内の地域ポイントシステム加盟店でポイントを利用できるようにすることで、市内事業者での消費拡大、域内消費循環の実現を目指す。

 ポイント給付の要件は、2事業とも.泪ぅ淵鵐弌璽ードを取得していること∋堝伴の地域ポイントシステム「のべおかCOIN」のユーザー登録をしていること。さらに、バス利用ポイントは、18歳以上の市民であること。まちづくり活動参加ポイントは、指定するボランティア活動などに参加したことが要件となる。

 モデル事業の審査で国は、住民の利便性向上や他自治体への展開が見込めるかなどを考慮して評価した。モデル事業は2022年2月に終了し、課題を検証した上で、22年度以降の全国展開を目指す。

その他の記事/過去の記事
page-top