【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

子どもたちに笑顔を

本紙掲載日:2021-04-17
2面
返礼品の一つを手にする松田さん。アニメ映画の世界をイメージして製作した布団で、武内さんが製作した革製タグが付いている

寝具店の松田さん、革職人の武内さん

◆クラウドファンディングに挑戦中

 子どもたちに笑顔を届けたいと、延岡市大貫町の城山ふとん店の店舗責任者松田陽子さん(34)と、同市出身で都城市に工房「VIECONTE(ヴィコンテ)」を構える革職人武内敬子さん(42)が、インターネットで資金を募るクラウドファンディングに挑戦している。集まった支援金で食料や洋服を購入し、子ども食堂などを運営する県内の支援団体に届ける予定だ。

 挑戦しているのは「購入型クラウドファンディング」で、支援金額に応じて金銭以外の物やサービスを返礼品として提供する仕組み。2人は、アニメ映画「えんとつ町のプペル」に登場する「プペル」と「ルビッチ」が描かれた寝具や革製品を製作し、購入してもらい、その益金の一部を子どもたちの支援に充てるという。

 コロナ禍で大きな影響を受けている子どもたちの現状を知り「自分たちの技術で地域に貢献できれば」と企画。先行企画として昨年12月、映画公開に合わせて「夢叶(かな)う星空ふとん〜プペルとルビッチの絆〜」を50枚限定で販売。売り上げの一部を子ども食堂などを運営する市民団体「子どもネットワークのべおか」に寄付した。

 今回は「子ども食堂の取り組みはなかなか表に見えないが、その支援によって助かる人がいる」と、啓発の意味も込めて挑戦中。松田さんは「一番支援を必要としている人に手を差し伸べる輪ができれば。単発ではなく支援し続け支えたい」と話している。

 松田さんらが挑戦中のクラウドファンディングは今月25日まで。15日現在33人が支援し、28万3305円が集まっている。詳細はQRコードから。

その他の記事/過去の記事
page-top