【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

デジタル推進本部設置

本紙掲載日:2021-04-17
1面
県デジタル化推進本部の第1回本部会議(14日、県庁講堂)

戦略アドバイザーを委嘱−県が初会合


 情報通信技術の進展などに的確に対応していくため、県はデジタル化推進本部(本部長・河野俊嗣知事)を設置した。第1回本部会議は14日、県庁講堂であり、デジタル化戦略アドバイザーを選任するとともに、計画を進めていくための同本部の推進体制や市町村・民間との連携体制などを確認した。

 同本部は、知事を本部長、副知事を副本部長、各部長級の幹部職員らを本部員とする21人で構成し、今月1日付で設置された。情報通信技術の進展に的確に対応するほか、本県の社会全体のデジタル化を総合的に推進する目的で、部局横断的に各種施策を展開する。

 県は3月31日、本県のデジタル化施策の方向性を示す県情報化推進計画(計画期間・2021〜24年度)を策定。「県民誰もが輝き、安全・安心で豊かさを実感できる人間中心のデジタル社会の実現」を基本目標に、行政サービスや暮らしの向上、情報通信基盤の整備促進、情報化を担う人材の育成・確保などを柱に掲げた。

 本部は今後、デジタル技術を活用して行政サービスを見直しながら変革するデジタル・ガバメント、暮らしと教育・文化、地域産業、情報環境の4部会を設置し、行政手続きのオンライン化やスマート農業・水産業・林業の普及、ローカル5Gなど庁内各部の施策を強力に推進していく考え。

 また、県のみの議論では全県的な展開に結びつかないため、産学官で構成する県デジタル社会推進協議会を新設するとともに、既存の県市町村IT推進連絡協議会とも連携。市町村や民間と力を合わせて県全体のデジタル化を押し進める。

 第1回会議では、専門的な知識・経験に基づき、本県のデジタル化施策などへの助言・提案を行うデジタル化戦略アドバイザーに選任した九州テレコム振興センターの井上英幸氏に、河野知事が辞令を交付。担当者から県情報化推進計画の内容の説明などがあった。

 井上氏は「組織や分野を超えた横軸を通した中で、俯瞰(ふかん)的視点でデジタル化を推進する全体最適化の時代に入っている。組織を横断的に変えていく必要があり、その手伝いに全力を尽くしたい」と述べた。

 河野知事は「本部の設置と市町村、官民との連携体制を整え、デジタル化元年を迎える位置づけをしたことは重要。各部門が抱える課題を工夫をしながら解決に導いていく思いで、さらに取り組みを進めていきたい」などと話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top