【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

もう一つの信仰集める今山大師八十八カ所

本紙掲載日:2021-04-15
6面

「県内全域の守り神」−赤のよだれかけで疫病封じ

 高さ17メートル、日本一の大きさを誇る弘法大師銅像がシンボル的存在となっている今山大師だが、本堂周辺には88体の小さな大師像が設置され、「今山大師八十八カ所」として信仰されている。

 由来によると、弘法大師座像(本尊)の勧請(かんじょう)者である満石幸蔵が「今山を四国八十八カ所と同様の霊場にしよう」と呼び掛け、延岡近隣の村々が賛同。翌年の1840(天保11)年には、各村の人たちの奉納した大師像88体が、現在の今山八幡宮周辺から山一帯に並び、完成したという。「大師山」と呼ばれ親しまれた。

 ところが明治維新後の廃仏毀釈(きしゃく)で撤収される。87(明治20)年、有志が立ち上がると、再び各村の人たちがそれぞれの「守護神」として大師像を奉納。お参りする場所として整備し、1907(同40)年、「今山大師八十八カ所」として復興した。

 復興後の88体は、本堂へ上がる階段周辺や銅像周辺などに広く分布。番号順に並んでおらず、野中玄雄住職は「一般の人たちが運んで来たもの。この札所がいいなどと希望もあり、前後したのではないか」と推測する。風雨をしのぐほこらに納まった石仏、野天のぬれ仏と形も表情もさまざまだ。

 標柱はアルミ製で、四国八十八カ所霊場の分身であることから番号と四国の札所名、その下に奉納した地区名が書かれている。延岡市内の各地区の他、日向市、門川町、椎葉村など県北一円、また宮崎市、日南市・串間市などの名もある。当時はなかった地名もあり、時代や歴史の変遷に伴い調整されたと考えられるが、県内全域に及んでおり「延岡にとどまらず、県内の守り神」と野中住職。地区名と並び「旭化成」「宮崎交通」と企業名もある。

 各地区の人たちは、地区の守護神として五穀豊穣(ほうじょう)や家内安全を願って祭ってきた。疫病封じの仏として本尊に参った後、八十八カ所を回って地域の札所に手を合わせる流れがあった。町が一望できるため、当時からお参りだけでなく観光名所としてにぎわったという。

 大師祭を前に14日、88体の大師像に婦人部がよだれかけを掛けた。野中住職によると、赤のよだれかけには「厄よけ」の意味があり、「疫病封じとして今山の八十八カ所も、改めてコロナ収束を願っています」。

 大師祭最終日の18日午前8時からは、「今山大師八十八カ所早朝巡拝」を行う。自由に参加できる。約1時間かけて、山内の各札所を巡る。


◆千本の明かりが出迎え−17日夕、春宵竹灯籠

 約千本の竹灯籠に明かりをともす「春宵竹灯籠」は、祭り中日の17日午後5時から同8時まで。今山大師の境内入り口から弘法大師銅像に至る参道や周辺を幻想的に彩り、参拝者を出迎える。

 今年も竹灯籠を作ったのは、今山大師慶賛会監事の林泰之さん(81)、会員の後藤貞美さん(73)、盡正博さん(73)ら。3月下旬から約3週間をかけて準備した。材料は、今山大師の敷地内や市内の山から切り出した太いモウソウチク。長さや切り口の角度などを正確に計り、1本ずつ丁寧に作り上げた。

 大きさは20センチから約80センチまでで、約55センチのものを一番多く作った。80センチの竹灯籠には、林さんが電動ドリルを使って模様を入れた。毎年、新しいデザインを考え、より幻想的な演出ができるように設置場所も考慮しながら作ってきた。林さんは「銅像前の八角堂周辺、筆塚などに設置しています。境内を巡って楽しんでほしい」と話した。


その他の記事/過去の記事
page-top