【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

眇絞孤廖欷績を次世代に

本紙掲載日:2021-04-08
1面
目録贈呈後に記念写真に納まる出席者ら=中央左が福良信一会長、同右が今村卓也教育長
里帰りした高森文夫が杉山平一に贈った詩集「舷灯」
寄贈された5冊の書籍

日向市に書籍など寄贈−顕彰会

◆東郷村生まれの詩人−中原中也らと交流

 東郷村(当時、現日向市東郷町)生まれの詩人高森文夫の功績を次代に伝える活動に取り組む日向市東郷町高森文夫顕彰会(福良信一会長)は7日、市に書籍などを寄贈、同日、同市東郷町の東郷公民館(さくら館)で寄贈式が行われた。

 寄贈式には同顕彰会の福良会長ら4人、市から今村卓也教育長、小林英明教育部長、黒木真文化振興課長ら5人が出席。福良会長から今村教育長に寄贈品の目録が手渡された。

 寄贈されたのは「高森文夫詩集」など書籍5冊と詩集「舷灯(げんとう)」2冊、高森文夫・中原中也の肖像画、高森文夫プロフィルおよび詩碑紹介パネル、寄贈品展示に関するブースなど一式。

 舷灯は、1990年の発刊時に、高森が詩友である杉山平一に贈ったもの。杉山は第2回中原中也賞を高森と同時に受賞した詩人。昨年6月、同顕彰会が偶然入手することができ、高森生誕の地への里帰りは30年ぶり。また、謹呈箋には高森直筆の「著者」との署名が記されている貴重なもの。

 また、同顕彰会は同公民館図書室の一角に、寄贈品などを展示する高森文夫コーナーを開設するためのブース一式(広さ2・6メートル四方)も寄贈、コーナー入り口で除幕式も行われた。

 あいさつに立った福良会長は、「今後の高森文夫顕彰を行っていく上での大きな励みとなる。コーナー開設により今後の顕彰がさらに強固なものとなっていくことを期待したい」と述べた。

 寄贈を受け今村教育長は、「皆さま方の思いが確実に広がってきていると確信している。多くの方々が高森先生について、さらに理解を深めていただく機会が増えていく。高森先生の功績を、顕彰会と共に日向市の次代を担う子どもたちや若い世代に伝え、広げてまいりたい」と感謝を表した。

 高森は1910(明治43)年、同村生まれ。旧制延岡中学校から成城高校、東京大学仏文学科に学んだ。卒業後、母校延岡中学で教壇に立った後、39年に中国東北部(旧満州)に渡り満州映画協会に入社、映画制作に携わった。現地で応召後、シベリア抑留を経て、帰還後は延岡市教育長、東郷村教育長、東郷町長などの要職を歴任、98年、惜しまれつつ88歳の生涯を閉じた。

 高森は幼少より文学に熱中。文学への造詣が深く、本格的に詩の世界に踏み込んだ昭和初期、当時の詩壇から叙情派の詩人として、その才能を高く評価され、含羞(がんしゅう)の詩人と呼ばれた。多くの詩歌を残し、37年に第1詩集「浚渫船(しゅんせつせん)」、68年に第2詩集「昨日の空」、90年に全詩集「舷灯」を出版。浚渫船は「中原中也賞」を受賞。東郷小(現東郷学園)や坪谷小、富島高、日向高など、県内16校の校歌を作詞し歌い継がれている。

その他の記事/過去の記事
page-top