【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

子どもたちのエール届く

本紙掲載日:2021-04-06
6面
北方学園小の児童からのメッセージを読む益城町立飯野小学校の児童(提供写真)
聡明中、南中、北方学園中の生徒からの作品と記念写真に収まる益城町立木山中学校の生徒(提供写真)

つなごうプロジェクト

◆延岡から益城町(熊本)へ作品贈る

 震度7の揺れに2度襲われた熊本地震の発生から間もなく5年を迎える。大きな被害を受けた熊本県益城町では、延岡市の子どもたちが描いたメッセージや絵手紙、絵画作品などが地元の子どもたちにエールを送っている。

 作品を届けたのは、被災地支援を目的に、チャリティー作品展やコンサートを開いてきた延岡市の市民グループ「つなごう延岡・いわき・熊本支援プロジェクト実行委員会」(牧野哲久会長、八木千穗子実行委員長)。作品は、昨年10、11月の2回、市内で開くチャリティー作品展のため、幼稚園や小学校、中学校、絵画教室、合唱団、書道教室などから寄せられたものの一部。益城町教育委員会を通じて、町内の公立幼稚園1園、小学校5校、中学校2校に届けられた。

 実行委員会には、同町教委から「生徒が必ず通る場所に飾っています」などのコメントと共に、各校に展示してある様子を撮った写真が届いた。

 八木さんは「子どもたちが一生懸命見てくれている姿を見て、とてもうれしくなった。延岡と益城の子どもたちがつながることができたなと感じた」と喜び、「延岡の子どもたちがこれを機に思いやりを持ち、さらに防災意識を持つことにつながれば」と期待した。

 同プロジェクトは2016年から活動を始め、これまでいわき市(福島県)にも作品や募金を届けてきた。益城町へ届けるのは3回目。この他、チャリティー作品展の会場で寄せられたお金のうち5万円を、熊本地震の支援に贈った。

その他の記事/過去の記事
page-top