【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

井堰と道を礎に発展、先人に感謝(1)

本紙掲載日:2021-01-30
6面

延岡市出北、惣領町、長浜町、卸本町、浜砂、東浜砂町

 延岡市の大瀬川河口の南側に位置する出北、惣領町、長浜町、卸本町、浜砂、東浜砂町を訪ねた。

 交通に便利な国道10号に近接することから、清掃工場、延岡総合文化センター、延岡市医師会病院と夜間急病センターなど市民にとって重要な施設、延岡卸商業センターをはじめ企業や店舗が多く立つ。また、岩熊井堰(いぜき)の恵みを多く受ける地域であることから、井堰を造った先人たちへの感謝の気持ちが受け継がれている。主な公共施設、学校、地域の人に大切にされてきた神社などを紹介する。


◆地域学習も熱心に−東小83年の歴史出北5丁目

 市立東小学校は1938年4月、東尋常小学校として創設。校舎が新築落成した同10月22日を「創立記念日」と定めている。

 41年4月には、学制改革により東国民学校に改称。戦後の46年に市立東小学校になり、50年には「長浜の潮のかおりや」で始まる校歌が制定された。同校のある出北地区は、もともと「ひばりの巣」と言われるほど荒地だったが、農民の願いに応えて岩熊井堰と出北用水が造られ、その恩恵を受けた。その歴史と感謝の気持ちを次世代に伝えてほしいとの思いから、同校OBが約40年前から、「出北物語」と題した出前授業を続けている。

 また、延岡大空襲の実態と悲惨さを理解することなどを目的に、同空襲についても毎年学ぶ。

 2014年9月には、老朽化に伴い建設していた新校舎が完成。同12月には落成記念式典を行い、新校舎の完成を祝った。

 新校舎は、鉄筋コンクリート造りの3階建て。バリアフリー対応で、教室や廊下には、県産木材がふんだんに使われている。屋根部分に太陽光発電装置が設置されている他、防災機能も備えており、災害時には避難所として利用される。


◆空の先駆者たたえる−後藤勇吉銅像東浜砂町

 妙田緑地公園内に、日本で初めて日本一周を成し遂げ、「空の先駆者」とたたえられる延岡市南町出身の飛行士・後藤勇吉の銅像がある。

 1983年の置県100年記念事業として、郷土が生んだ偉人の顕彰を目的に、県と建設委員会が建立した銅像の一つ。

 それまでの4体は、宮崎市の県総合文化公園内に建てられたが、出身地に建立を求める声が高まっていたこともあり、延岡市への建立を決定。後藤勇吉延岡顕彰会との話し合いで妙田緑地を建立場所に選んだ。緑地は、銅像の据え付けに合わせて市が公園に整備した。

 経費は県が1千万円を補助。同顕彰会が行った募金には、目標を上回る645件の協力があった。

 制作は、当時東京都在住で日本美術家連盟会員だった都城市出身の彫刻家・奥村良弘さんに依頼した。奥村さんは、収集した資料にあった飛行ジャンパー姿の写真を参考にし、空を見上げるように手をかざす動きを入れて仕上げたという。

 除幕式は生誕100年に当たる96年の命日の2月29日、関係者ら約200人が出席して行われた。像は同25日にフェリーで東京を出発し、26日に延岡着。27日に据え付けられた。

 同所では毎年、命日または前日に、同顕彰会や母校・延岡小学校の児童が参列し、慰霊祭が行われている。


【ヘルストピア延岡】(長浜町3丁目)
1994年オープン。「日本一の福祉都市」づくりの一環で、市が30億円を投じて建設した健康施設。一年中泳げる温水プール、風呂、レストラン、カルチャー教室などが入る。温水化に、隣接する清掃工場の余熱を利用している。現在は、市内で新型コロナウイルス感染が拡大していることと、メンテナンスのため、2月17日まで休業。


【延岡市クリーンセンター】(長浜町3丁目)
2009年4月に新清掃工場「夢の杜(もり)」が完成。延岡市だけでなく西臼杵3町のごみを焼却処理している。愛称は公募822作品から選ばれた。敷地内には、資源ごみのリサイクル施設「リサイクルプラザ・ゲン丸館」があり、子どもたちの環境学習の場にもなっている。


【延岡総合文化センター】(東浜砂町)
1985年11月に開館し、昨年35周年を迎えた。開館を機にのべおか「第九」を歌う会が誕生、延岡フィルハーモニー管弦楽団の活動拠点となるなど、地域の文化発展に大きく貢献している。県の緊急事態宣言を受けて、2月7日まで休館中。


【協同組合延岡生花地方卸売市場】(東浜砂町)
前身の「延岡日向切花販売組合」を解散し、1963年、「延岡花市場事業協同組合」として萩町で発足。67年に昭和町へ移転、76年に現在名に改称し浜砂に移転、89年に現在地に移った。県北地区はもとより国内外の花を取り扱い、県北一円に供給。県内産の生花の海外輸出事業も行っている。写真は2019年の「母の日」に向けたカーネーションの競り。


【延岡看護専門学校】(出北6丁目)
延岡市医師会が1952年に設立。医師会病院と共に移転し、2007年から現在地。2年間の医療高等課程(准看護師科)と、3年間の医療専門課程(看護師科)に市内外から生徒が通い、看護・医療の知識を学ぶ。写真は18年の戴帽式。


その他の記事/過去の記事
page-top