【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

コロナ禍経営努力も限界

本紙掲載日:2021-01-28
1面
十屋幸平市長(右)に要望書を提出する本田晋一会長

運転代行業者、市長に支援の要望書−日向市

 日向市と門川町の運転代行業者11社でつくる日向地区自動車運転代行業適正化推進連絡協議会(本田晋一会長)は27日、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている関係業界への支援を求め、日向市の十屋幸平市長に要望書を提出した。

 要望活動には、本田会長をはじめ会員ら5人が訪問。要望書は、県の緊急事態宣言に伴う飲食店などへの協力金と同様に、代行業を含む関係業界への支援と、随伴用自動車1台当たり1日2万円の協力金を希望する内容。

 本田会長は「コロナ禍の中、4社が廃業を余儀なくされた。一律でなく、随伴用自動車1台当たり2万円、最低でも1万円出してもらうとわれわれも息をつくことができる」と一日も早い支援を訴えた。

 十屋市長は、「国の制度であり、支援のばらつきは感じている。県も一緒になって、『国指定の地域と同じように出してくれ』と国へ強く要望している。直接取引から漏れる業種も出てくる。市が何らかの形でやらなければならないと考えている。幅広くやれるよう内部で協議しており、ご理解を」と応えた。

 同連協によると、県の緊急事態宣言による午後8時までの営業時間短縮要請などにより、飲食店などの利用者が激減し夜の町から利用者の姿が消え閑散たるありさま。飲酒運転根絶に向けその一翼を担う業界は疲弊し、瀕死(ひんし)の状況に追い込まれているのが実情という。

 会員11社の従業員数はアルバイトを含めて約100人、家族を含めると業界関係者は350人ほどにのぼる。市は昨年8月、緊急経済対策の第5弾として、9月追加補正予算に市単独で「市内交通事業者の事業継続のための支援」550万円を計上。業界にも随伴用自動車1台当たり2万円を支給した。

その他の記事/過去の記事
page-top