【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県、飲食店関連事業者に20万円

本紙掲載日:2021-01-28
1面
飲食店関連事業者への緊急支援策について説明する河野知事

補正予算案コロナ対策56億円

◆29日、臨時県議会

 県は27日、飲食店の営業時間短縮で影響を受けた関連事業者に対する20万円の支給や、地域の消費喚起策を支援する事業など、新型コロナウイルス感染症対策を柱とする総額56億5458万円の今年度一般会計補正予算案を、29日開会の県議会臨時会に提出すると発表した。

 このうち、県独自の緊急事態宣言に伴う飲食店への時短要請で大きな影響を受けた関連事業者に20万円ずつ支給する「飲食関連事業者等緊急支援事業」には14億9989万円を充てる。

 対象は直接的に影響のあった酒店や氷店、食材卸売り、おしぼりリース、クリーニング店、タクシーや代行運転などの事業者。1、2月いずれかの売上高が前年同月より50%以上減少していることが条件となる。

 「みやざき応援消費活性化事業」には7億2700万円を措置。緊急事態宣言解除後にプレミアム商品券を発行するなど、消費喚起策に取り組む市町村に対し、昨年9月補正と同様に、地域の実情に応じて2分の1以内で補助する。

 「感染症対策休業要請等協力金事業」では、飲食店に時短要請協力金を追加支給(1店舗につき16日間分=64万円)するための経費として、34億2768万円を充当する。

 新型コロナ対策は昨年3月以降、感染拡大防止策と医療体制の整備、経済対策などの各種事業に計748億円7000万円を手当てしており、1月補正案が可決されれば、同補正額の合計は805億2000万円となる。

 臨時会ではこのほか、国の一人親世帯・生活困窮者支援や鳥インフルエンザ防疫対策など専決処分の報告2件(補正額計84億3946万円)に対し承認を求める。可決されれば、一般会計の総額は7170億3560万円となる。歳入財源は全額国庫支出金でまかなう。

 時短要請に伴う支援金の支給対象が、飲食店との直接取引事業者に絞られることについて、河野知事は「間接的な影響を見極めるのは難しく、スピードを重視した。消費喚起策を示したのは、幅広い影響に応じた対策をセットにして打ち出すためだ」と理解を求めた。

その他の記事/過去の記事
page-top