【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

コロナ禍、迫る受験

本紙掲載日:2021-01-11
3面

16、17日大学入学共通テスト

◆臨時休校にとまどい−学校側、不安解消へ対応

 「大学入試センター試験」に替わり初めて実施される「大学入学共通テスト」が16、17日に迫る。

 臨時休校となった県立学校では、3年生に限って進路対応等が必要な生徒を対象に、感染拡大防止策を徹底した上で教育活動が認められたが、各学校は対応に追われた。

 11日までの休校期間中、県北地域のある普通科高校では、私立大入試に向けた願書の準備など、個別指導が必要な生徒に限って登校を認めた。期間中に予定していた模擬試験は家での受験に変更。学校に来る生徒数を最小限にし、生徒からの質問には電話等で対応できるようにした。同校の教頭は「不安になる要素がたくさんあるからこそ、(県の通知よりも)少し厳しめの対応を取った。3年生が不安を解消し、受験に挑めるよう、準備している段階」と話す。

 別の高校では、個別対応期間と位置付け、質問や勉強に来る3年生に職員が対応。同校教頭は「3年生にとってはつらい状況だと思う。だからこそ、できることはしてあげたいと(必要に応じて)個別で支援している」と話した。

 一方、全寮制の五ケ瀬中等教育学校は県からの通知を受け、同テスト最終日の17日まで休校を決めた。県内全域から生徒が集うこと、寮での生活では密な状況が生まれる可能性があることなどから、リスクを減らすための決断だった。

 「受験生への配慮から決めた」という同校。12日以降は希望する6年生(高校3年)のみ帰寮させ、昨春の休校期間中にも実施していたリモートで授業する予定だ。

 受験直前での感染拡大、休校に、受験生には不安が広がっている。

 大学入学共通テストを受験する延岡市内の男子高校生は「授業の中で教えてもらえるはずだったことが、教えてもらえないのは悲しい」。自宅で受験勉強に励むが、難問の解説を友人や先生に聞くことができないなど支障が出ているという。

 こうしたコロナ禍の中での受験に「試験当日にコロナにかかっていないのか心配。2次試験では県外に行く可能性もあるから心配。早く収まってほしい」と訴えた。

 休校期間は17日まで延長されたが、最終学年は、臨時休校とはせずに教育活動を実施する日の設定が認められた。同テストの受験生を抱える県立学校では12日以降、3年生の教育活動を再開し、試験に備える学校が多いという。


その他の記事/過去の記事
page-top