【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県防災庁舎に防災ヘリが初飛来

本紙掲載日:2021-01-07
3面
県防災庁舎の屋上ヘリポートに訓練着陸する防災ヘリ

迅速対応へ離着陸訓練

 県防災庁舎の屋上ヘリポートを使った初の離着陸訓練がこのほど行われ、職員らが見守る中、県防災救急ヘリ「あおぞら」が無事に降り立った。

 防災庁舎は南海トラフ巨大地震などに備えた災害対応の拠点として、県庁本館向かいに7月に完成。地上10階、地下1階の造りで、海抜58・9メートルの屋上にヘリポートを完備している。

 使用するには法的手続きが必要で、この日は運用方法の確認に加え、市街地であることに配慮したプロペラの風圧や騒音など、周辺地域に与える影響も調査した。

 宮崎空港を飛び立った防災ヘリは数分で県庁上空に飛来すると、面積が限られたヘリポートへスムーズに着陸。機内から降りた隊員が、待機していた郡司行敏副知事に到着を報告すると、すぐに離陸、帰還した。周辺への影響も問題は見られなかった。

 ヘリポートは主に、大規模災害が発生した際、県外から受け入れる緊急消防援助隊の指揮支援部隊が急行するため使用。防災庁舎では食料や日用品などの救援物資を備蓄しており、ヘリで被災地に届けることもできる。

 また、地震や洪水などで空港への道路移動が困難な場合には、知事が防災庁舎から現地の上空視察に出向いたり、警察や自衛隊、国土交通省のヘリポート使用も想定。近隣でドクターヘリが着陸困難な場合は屋上に待機して、防災庁舎の大型エレベーターで傷病者を運び上げることもあり得るという。

 このため県は各機関との離着陸訓練を順次実施したい考え。県消防保安課は「迅速な災害対応に向け、ヘリポートの運用力向上にも努めていきたい」としている。

その他の記事/過去の記事
page-top