【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

クワズイモを長芋と間違え販売

本紙掲載日:2021-01-06
3面

県が注意呼び掛け

 県はクワズイモを長芋と誤って販売、知らずに食べた50代男性が食中毒を発症したことから、注意を呼び掛けている。

 衛生管理課によると、男性は、12月27日に日南市の農産物直売所で長芋として販売されていたクワズイモを購入し、自宅で調理して食べた後、口内の痛みなどを発症した。

 日南保健所が調査したところ、商品は長芋と誤って出荷されていたことが分かった。

◆昨年9月にも発生

 県衛生管理課によると、クワズイモは地上に出ている葉や茎に見える部分がサトイモと非常に似ているため、誤食による食中毒が例年発生している。県内では今年9月にも、ハスガラと誤って出荷されたクワズイモを食べて13人が食中毒を起こしている。

 クワズイモは熱しても崩れない針状結晶のシュウ酸カルシウムを含むため、口に含むと強い刺激があり、吐き出しても喉のしびれや痛みが残るほか、嘔吐(おうと)や下痢、まひ、皮膚炎などの中毒症状があるという。

 ほかにも有毒植物の誤食による食中毒が全国的に発生しており、同課は「採らない」「食べない」「売らない」「人にあげない」を守るよう注意を喚起。具体的には―野菜と観賞植物を一緒に栽培しない▽食用と確実に判断できない植物は食べない▽山菜などはよく確認してから採取して調理前に再確認する▽食用と思っても植えた覚えのない植物は食べない―よう求めている。

その他の記事/過去の記事
page-top