【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

望遠鏡で「星空さんぽ」

本紙掲載日:2021-01-05
8面
望遠鏡で星の観賞を楽しむ参加者(提供写真)
屋内では天体解説も行われた(提供写真)

小松さん(中小屋天文台)が案内

◆道の駅「北浦」特製の塩鍋で夕食も

 北浦の星空の魅力を体感する「星空さんぽ」はこのほど、延岡市北浦町の道の駅「北浦」(花井光一駅長)の下阿蘇ビーチリゾート浜木綿(はまゆう)村であり、市内外から約30人の親子連れなどが参加した。同道の駅が初めて企画した冬のケビン宿泊プランの一環。

 午後3時に同所のケビンにチェックインした参加者は、さっそく同駅内の塩釜で作られる特産品「月の塩」を使った塩鍋で夕食。タイやヒオウギガイなど魚介類のうま味を地どれの塩で引き出した特製鍋に舌鼓を打った。

 その後、「星のソムリエ(星空案内人)」の資格を持つ中小屋天文台(美郷町)の小松嵩史台長から天体に関する説明を受け、実際に望遠鏡を使って夜空を観察。この日はふたご座流星群のピークが近かったこともあって、子どもたちから「あ、流れ星!」「また見えた」などの声が聞かれるなど、参加者は満天の星を大いに満喫していた。

◆3月まで開催、参加−家族・グループ募る

 道の駅「北浦」による「星空さんぽ」は今月30日、2月13日、3月13日にも予定されている。各日10組(1組2〜4人)限定で参加家族・グループを募っている(先着順)。

 参加費は1組1万8千円(税込み、1泊2食付き)。悪天候の場合は、屋内で映像を使った星空案内に変更する。申し込みが3組未満の場合は中止となる。

 問い合わせは同道の駅(電話延岡45・3811)。

その他の記事/過去の記事
page-top