【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

青果市場−5日、大発会

本紙掲載日:2021-01-05
1面
活気ある掛け声が響いた延岡地方綜合卸売市場

希望の年に取引スタート−延岡

 延岡市牧町の延岡綜合地方卸売市場(大保博司社長)と昭和町の延岡魚市場(岸上照夫社長)で5日、初競りが行われ、今年の取引がスタートした。このうち延岡綜合地方卸売市場では仕事始めの大発会があり、買い受け人や市場職員、JAと行政の関係者ら約100人が出席して弾みを付けた。

 大保社長は「コロナ禍の下、多くの方々が痛みを感じており、厳しい局面を迎える業種もあります。そんな中で、新しい考え方や生活様式が生まれ、世界が変わっていくことは間違いない。しかし、同時に新たなチャンスも生まれるはず。青果市場も公共的な立ち位置を忘れず、地方だからできるビジネスモデルを構築し、時代の変遷に即したチャレンジをすることで地域に寄与したい」とあいさつ。

 買受人組合の山本富美雄理事長は、青果業界も新型コロナの感染拡大で打撃を受けているほか、生産者の減少や後継者不足で厳しい現状に直面していることを改めて訴え、「感染拡大を防ぐため3密を避け、マスクの徹底を忘れないようにしましょう。新たな年が、皆さまにとって希望の一年となることを願っています」と呼び掛けた。

 読谷山洋司市長の祝辞に続き、馬原弘企同組合副理事長の音頭で三本締め。出席者全員で大きな手拍子を打ち鳴らし、気持ちを一つにした。

 6日ぶりの開市とあって競り場には多くの市内産の野菜や果物がずらりと並んだ。「初荷」ののぼりが付いたササが随所で競りを彩り、競り人と買い受け人による威勢の良いやりとりがこだましていた。

その他の記事/過去の記事
page-top